ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

現NOA社長のダグクッパ氏が、一番好きなタイトルは何か?と聞かれて、任天堂作品以外のタイトルを挙げる



現NOA社長のダグクッパ氏が、一番好きなタイトルは何か?と聞かれて、任天堂作品以外のタイトルを挙げたとしていて、ある意味そういうことに対して正直に発言している感があるので好感が持てるでしょうね。


2019年4月16日より米任天堂の社長に任命したダグ・バウザーは同氏の母校であるユタ大学の取材を受け、1番好きなゲームを聞かれた。それが任天堂のゲームではなかったことからすれば、バウザーは非常に正直な男らしい。

「僕の最も大好きなゲームは『MYST』ですね。臨場感あふれる奥深い謎解きゲームで、台詞の非常に少ないゲームです。グラフィックスに驚かされましたね。最初の3つのエディションはすべてクリアしました」

『MYST』は1993年にMac向けに発売したゲームで、アドベンチャーゲームの古典として知られる。後に様々なプラットフォームに移植されているが、初めて任天堂プラットフォームにやってきたのは2008年のDS版だ。

ところで、バウザーの前に米任天堂の社長を務めていたレジ―ことレジナルド・フィサメィは、最も好きなゲームとして『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を挙げたことがある。

バウザーの現在最も嵌っているゲームは『スーパーマリオ オデッセイ』らしく、ここはさすがに自社タイトルを挙げた。「パワームーンはあともちょっとで全部ゲットできそうなんだ」とのこと。


関連リンク


まぁゲーム観に対して、おおらかな人なのかもしれないですね。こういう人がトップに立つといい面が出てくるでしょうね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment