ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ホリデーにおいて、Xbox One S All-Digital Editionが150ドルで販売されたことによって、購入の機会が促進されると指摘(リライト記事)



ホリデーにおいて、Xbox One S All-Digital Editionが150ドルで販売されたことによって、購入の機会が促進される(リライト記事)イギリスではこの効果がいち早く出ていて1位になっていましたね。


マイクロソフトは2019年初めにXbox One S All-Digital Editionを発売し、エントリーレベルのコンソールの構成からディスクドライブを切り離しました。オンライン時代に適応し、デジタルエンターテインメントに投資する人々のハードウェアコストを削減し、スタンダードモデルからの大胆な変化のように見えました。理にかなっていますが、元の価格は250ドルで、Xbox One Sコンソールを搭載したサードパーティの小売業者が新参者を打ち負かしました。要するに、それはおそらく最悪の取引の一つだった。

しかし、ブラックフライデーの登場により、Xbox One S All-Digital Editionがついにその場所を見つけました。マイクロソフトは、ディスクレスコンソールがXbox One Sを少なくとも50ドル下回ることを誓約し、コンソールの世界的な割引でようやく実証されました。これには、150ドルで3つのデジタルゲームがバンドルされた新しいXbox One S All-Digitalが含まれ、Black FridayでXboxエコシステムに参入するための最も安価なエンドポイントを提供します。

Xbox One S All-Digitalは標準のXbox Oneと基本的に同じであり、4Kビデオ再生でサポートされるXbox Oneタイトル全体にHDゲームを提供します。唯一の大きな制限は、Xbox Game Passのようなデジタル購入とサブスクリプションにコンソールをロックするディスク互換性がないことです。Forza Horizo​​n 3、Sea of​​ Thieves、Minecraftのコードが含まれており、Xbox Live Goldでさらに100のタイトルのXbox Game Pass Ultimate契約が継続的に行われます。


関連リンク


時代を先取りしたディスクレスハードですが、PS5やプロジェクトスカーレットでもこのようなモデルが投入されるか注目ですよね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment