ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

プレイステーションは109ポンドのXbox One S All-Digitalに対抗できず、スイッチにも敗れイギリスでは3位になったと伝える



プレイステーションは109ポンドのXbox One S All-Digitalに対抗できず、スイッチにも敗れイギリスでは3位になったと伝えていて、PS4はもう十分普及しきった感があるだけに、あとはソフトでどれ位の売れゆきを見せるかですね。



ソニーは英国のブラックフライデー中にPS4を積極的に宣伝したかもしれませんが、メーカーは目を見張るような109ポンドでXbox One S All-Digitalに対抗できませんでした。Games Industryによると、レドモンドの会社が先週100,000台以上のコンソールをシフトし、イギリスでは今年の最下位争いの戦いに勝ったのはマイクロソフトです。それは3つのゲームを含む£129の別のバンドルを持っていました。

もちろん、新しいNintendo Switchも非常に好調で、グリーンでチームを大きく下回っています。そのため、ソニーは100万マイル遅れており、合計で6万台のシステムしか移動していません。日本の巨人の最高の取引には、FIFA 20またはCall of Duty:Modern Warfareのいずれかが含まれていましたが、PS4の価格が199ポンド未満であることを見つけるのは困難でした。最近はフォーマット所有者の利益が好まれているようです。

そして、コンソールはまだほとんどのゲームをかなりの距離を移動しました。ただし、PS4の売り上げがイギリスで前年比で45%減少していることは注目に値します。明らかに、システムの老化に伴いある程度の低下が予想されますが、ソニーはPS5の発売後も現在の世代のコンソールを長く維持したいと考えており、魅力的な製品であることを確認してください。


関連リンク


PS4が苦戦するのは意外といえば意外ですが、それまでに勝ちまくっていただけに、PS5が発表されて、来年以降の動向が注目ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment