ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

クラウドゲーミングサービスとして新体制で再スタートを切っている『PlayStation Now』12月のタイトルラインナップが発表!



クラウドゲーミングサービスとして新体制で再スタートを切っている『PlayStation Now』12月のタイトルラインナップが発表!としていて、クレジットカードが無いと遊べないだけに、大人向けのゲームも今回含んでいるかといえますね。


PS Nowの2019年12月のラインアップが公開!『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』や『GRAVITY DAZE 2』が対象タイトルに

SIEは、クラウドストリーミングゲームサービスであるPS Nowの2019年12月のラインアップを公開した。『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』が2020年3月2日までの期間限定で追加された。


PS Nowの対応タイトルは公式サイトで確認できる。ここでは現在の主なタイトルをピックアップしておく。

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』
『ゴッド・オブ・ウォー』(レビュー)
『グランド・セフト・オートV』
『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』
『シャドウ・オブ・ウォー』(レビュー)
『ペルソナ5』(レビュー)
『GRAVITY DAZE 2』(レビュー)
『Bloodborne』
『ウルフェンシュタイン: ザ オールド ブラッド』



最大100人が戦うサバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』
『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』は、フィールドに落ちているアイテムを駆使して最大100人のプレイヤーが最後の1人になるまで戦い抜く、バトルロイヤル形式のシューターだ。勝者に表示される「ドン勝」メッセージを見るために、日々熾烈な戦いが繰り広げられている。なお、オンラインマルチプレイにはPS Plus加入が必要になるので注意してほしい。



重力を操作して飛び回るアクションアドベンチャー『GRAVITY DAZE 2』
『GRAVITY DAZE 2』は、重力を操ることができる少女の「キトゥン」が主人公のアクションアドベンチャーゲーム。街は横に広いだけでなく高低差があり、飛び回って探索する楽しみを与える。IGN JAPANのレビューでは、本作の爽快なアクションや退屈に感じない移動について称賛され、8.8点を獲得した。なお、前作の『GRAVITY DAZE』もPS4版もラインアップに入っている。ストーリーが直接繋がっているので、2本まとめてプレイするのをおすすめする。



PS Nowの価格プランは以下の通り。6980円の12カ月利用権を購入した場合は、ひと月あたり582円となる。


1カ月利用権 1180円(税込)
3カ月利用権 2980円(税込)
12カ月利用権 6980円(税込)


関連リンク


日本でどれだけサービスが普及していくかまだ読めない部分がありますが、XBOXGamePassが来る前に手を打っておきたいと思っているでしょうね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment