ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

youtubeの規約が改訂、ゲームの暴力シーンが映画やテレビと同等に扱うと発表



youtubeの規約が改訂、ゲームの暴力シーンが映画やテレビと同等に扱うと発表されていて、これはゲームがそれ相応に見えるだけのリアリティがあると判断されたためといえそうですね。


米Google傘下のYouTubeは12月2日(現地時間)、コンテンツガイドラインを変更し、ゲームコンテンツの暴力描写の扱いを、テレビや映画のコンテンツと同等に扱うと発表した。

 YouTubeはこれまで、「現実世界の暴力と、映画やテレビ番組に登場する、脚本が用意されたまたは擬似的な暴力には違いがある」ため、映画やテレビ暴力的で生々しいコンテンツに関するポリシーで例外的に扱ってきた。これに、ゲームも含める。

 ポシリー変更のお知らせによると、暴力を含むゲームのアップロードは、年齢制限されずに承認される可能性がある。ただし、ゲーム内での暴力に対する制限は緩和されるが、そうしたシーンがコンテンツの中心である場合は、コンテンツに年齢制限が設定される可能性がある。

 また、このコミュニティガイドラインのポリシー変更によって、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインが変更されることはない。


関連リンク


ゲームをしっかりと分別して、このようなランク分けをするのは適切な判断といえますね。日本のようにただ暴力表現を抑えることだけをするのでは意味がないですからね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment