ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

元NOAレジー氏がwiiやDSを生み出した任天堂の背景を語る



元NOAレジー氏がwiiやDSを生み出した任天堂の背景を語っていて、それらはどのようにして生まれたのかというものになっており、その辺は歴史を共に作ってきた人としての会話になっていますね。


元NOAレジー氏がwiiやDSを生み出した任天堂の背景を語っていて、2000年前半は、3人に1人しかビデオゲームをプレイしておらず、当時業界は停滞していて、ヨーロッパや日本などの主要地域では、ソフトウェアの売れゆきが減少傾向にあり、任天堂はその自体を憂慮して、その結果、複雑になりすぎた操作性、又続編が多すぎるという点が主な要因であり、イノベーションと楽しさの欠如がありました。競合企業は次世代ハードに多くの馬力と視覚的な表現力で答えを見出し、その点ではDSとPSPではっきりと違いを見て取れて、wiiも同様、ソニーやマイクロソフトがそれぞれ取った決断とは異なり、知的好奇心、ビジネスの核となる部分で、解決策を提案して、そして成し遂げたことが大きかったとしています。


関連リンク


wiiに至ってはクロック数を減らして消費電力を温存するという措置まで取られた徹底したハードでしたよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

PS2ではゲームだけじゃなくDVD再生機として一般層に訴求し
Wiiでは低消費電力とモーションコントロールを活かした
体感ゲームでアピールし成功しましたね
この2つは裾野を大きく広げたと思います
その後その一般層をスマホのソーシャルゲームに吸い取られましたが

2019/12/04 (Wed) 12:42 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

PS2はDVD需要が大きかったですよね。ロンチの一番売れた
タイトルが映画のマトリックスだったというのは有名ですよね。
wiiも体感ゲームで一大ブームを生み出して成功しましたね。
その流れをwiiUに結結び付けられなかったですけど
スマホ勢の勢いは今になって陰りが見え始めていますね。

2019/12/04 (Wed) 12:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment