ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

スーパーファミコンで出る予定だったCD-ROMゲーム機『プレイステーション』に対し、当初、スーパーFXチップを内蔵する予定だったという話が浮上



スーパーファミコンで出る予定だったCD-ROMゲーム機『プレイステーション』に対し、当初、スーパーFXチップを内蔵する予定だったという話が浮上していて、破談になってから又ポリゴンチップを作り直したようですね。


Super FXチップは画期的な技術でした。SNESを大幅に強化した『コンソール上のチップ』により、ポリゴンを後押しできます。

英国の小さな企業であるArgonaut Softwareによって作成されたこのチップは、任天堂がArgonautのJez San氏の助けを借りて会社を支援し、3Dゲームを作成したときに作成されました。

ある段階で、任天堂内で北米版のSNESにSuper FXチップを組み込むことについて議論があったことは既に知られています。最終的にそれは起こりませんでしたが、Jez San氏は、ソニーと任天堂の合弁会社である未公開のSNES PlayStationにチップのバージョンを入れる計画があったことを明らかにしました。

『任天堂向けにSuper FXチップを設計したとき、日本語版のSNESにするには遅すぎました。しかし、アメリカ版では、彼らはそれを組み込むことを考えていました。それはゲームカートリッジをはるかに安くし、3Dがコンソールの標準であることも意味していました。結局、私たちはそれを見送って、その後、任天堂とソニーは、チップを入れたSNESにCDを付けてPlayStationを実行する予定でした。私たちのチップは、元のPlayStation内の3Dチップになる予定でした。しかし、両社は破談しました。』


関連リンク


まさに理に適った発想だったようですが、任天堂の乱によって、破談になってしまったのは歴史が証明していますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment