ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Half-Life: Alyx』の発表後、VALVEのVRヘッドセットが売り切れに



『Half-Life: Alyx』の発表後、VALVEのVRヘッドセットが売り切れにとしていて、キラーコンテンツがVRになる意味を改めて感じさせる出来事といえそうで、それだけ可能性がある市場のようですね。



『Half-Life: Alyx』について明らかになってから、アメリカとカナダではVALVEのヘッドセット「INDEX」が在庫不足となっている。

11月21日、VALVEは新しいVR専用タイトル『Half-Life: Alyx』を発表した。それから約1週間、「INDEX」がアメリカとカナダで売り切れとなっている。

RoadtoVRが報じたところによると、11月27日以降、アメリカとカナダのSteamストアのページ上の「INDEX」のパッケージのほとんどが「まもなく再入荷予定」と表示されているという。


パッケージは、ヘッドセット+コントローラー+『Half-Life: Alyx』のパッケージ、ヘッドセット+『Half-Life: Alyx』のパッケージ、コントローラー+『Half-Life: Alyx』と3種類ある。

現在も在庫があるのは、最も高い価格のパッケージ(999ドル)のみ。セット内容は、ヘッドセット+コントローラー+ベースステーション(2台)+『Half-Life: Alyx』。「今ご注文いただくと、12月25日までにお届けできます」と表示されている。

『Half-Life: Alyx』の発表前は、すべての「INDEX」パッケージがアメリカとカナダですぐに国内発送できる状態だった。これらのパッケージがほとんど売り切れていることから、『Half-Life: Alyx』がどれほど人気になるかががわかる。

CD Projekt Redは先日、『サイバーパンク2077』と発売時期が同時になる『Half-Life: Alyx』は同社にとって脅威となり得るかどうかについてコメントした。両ゲームの発売は同じ月に予定されているが、「VRはまだまだ極めてニッチな市場です。本当に小さな市場です」とCD Projektのビジネス開発部門シニアバイスプレジデントのAndrzej Nowakowskiは発言した。

しかし、「INDEX」が売り切れていることからすれば、いつまでもニッチな市場というわけでもないのかもしれない。

Xboxの責任者フィル・スペンサーも、『Half-Life: Alyx』をプレイし、「素晴らしい」と述べているものの、Xboxの次世代コンソール ScarlettではVRにフォーカスするつもりはないとしている。


関連リンク


VRが大衆商品になるには、まだまだ時間がかかりそうですが、こうしたソフトが続くかどうかにかかっていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment