ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリウッド映画『ソニックザムービー』のソニックのモデリングの作り直しは、3500万ドルではなく、500万ドル程度で済んでいるらしい



ハリウッド映画『ソニックザムービー』のソニックのモデリングの作り直しは、3500万ドルではなく、500万ドル程度で済んでいるらしいとしていて、その辺は額が大きすぎてぴんと来ないですが、とりあえず直した価値が十分ありますからね。


今月初めにパラマウントがハリウッド映画『ソニックザムービー』の新予告編をアップロードして、キャラクターが生まれ変わっていたソニックを作り直した額について、情報筋によると、一説で流れていた3500万ドルではない、500万ドル以下で済んでいるとしていて、なぜこの数字は控えめになったのかに対し、IndieWireのインサイダーソースによると、映画のCGIは完全に出来上がっていたものを作り直したのはごく一部分だったとして、全体的な作りこみがどこまでなされているのかは不透明で、パラマウントもこの件については何も語っていないので、情報待ちになりそうです。


関連リンク

この話が真実ならば、カットによっては元のソニックのまま、遠いアングルなどは作り直していない可能性がありそうですね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment