ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

来年のホリデーにロンチを迎えるプロジェクトスカーレットに対し、採用されるメモリであるGDDR6において、コンソールの障害の1つを取り除くために採用されていると伝える



来年のホリデーにロンチを迎えるプロジェクトスカーレットに対し、採用されるメモリであるGDDR6において、コンソールの障害の1つを取り除くために採用されているとしていて、その辺の詳しい概要をチェックしたいですね。




来年のホリデーにロンチを迎えるプロジェクトスカーレットに対し、採用されるメモリであるGDDR6において、コンソールの障害の1つを取り除くために採用されているとしていて、メモリパフォーマンスは、コンソール用ゲームの開発の最大のボトルネックの1つであり、GDDR6はプロセッサとRAMの間で、データ転送速度を大幅に向上させ、CPUがRAMのデータにアクセス待機をする時間が極めて短くなることを意味して、フレームレートに有益な影響を与えるはずであって、GDDR6により、開発者は安定したフレームレートを犠牲にすることなく多くのものをが画面に表現できるようになるとしています。


関連リンク


スペックに依存する部分がやはり大きい部分があって、それを克服する上でメモリは大切な役目を担っているようですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment