ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチは周到に計画されてイメージ戦略を続けてきたハードであると指摘している日経記事が紹介



ニンテンドースイッチは周到に計画されてイメージ戦略を続けてきたハードであると指摘している日経記事が紹介されていて、3DSがまだ現役だった頃にリリースされたため、まずは据え置き機であることを十分アピールしていたそう。


 Nintendo Switch Liteは19年9月20日に発売された。同製品はNintendo Switchの販売も底上げし、任天堂の発表では両モデル合わせた国内累計販売台数が19年11月3日時点で1000万台を突破した。

 従来モデルよりもワンサイズ小さいこのマシン。これから筆者が読み取るのは、「そろそろご家庭に2台目のNintendo Switchはいかがですか?」という任天堂からのメッセージだ。

小さい子供の“自分用”Switch
 今や、子供が1人1台の携帯ゲーム機を所有しているのは珍しいことではない。兄弟姉妹が1台ずつ「Nintendo 3DS」を持っているという家庭は多いだろう。Nintendo Switch liteは、まさにこのポジションを狙って投入されたゲーム機だ。


 17年3月に発売された従来のNintendo Switchも持ち運びが可能で、携帯ゲーム機として楽しむことはできる。だが、いざ持ち歩いてみると、いくつかの欠点に気づくはずだ。ひとつは重量。大人には負担にならないが、小さな子供たちには重過ぎる。また2万9980円(税別)という価格も、据え置きゲーム機としてはお手ごろだが、兄弟姉妹に1台ずつ買い与えるゲーム機としては高すぎるのである。

 Nintendo Switch Liteは、それらの欠点が解消されている。Switchと全く同じ性能を備えつつも、画面サイズは6.2インチから5.5インチへと小さくなり、重量は398gから275gへと大幅に軽量化された。一方でテレビへの接続機能は削除され、Nintendo Switchの特徴の1つだったコントローラーの取り外しもできなくなった。これにより価格を1万9980円(税別)まで下げ、小さな子供が自分用に持つゲーム機としてふさわしい商品に仕上げられている。

 こう見ると、Nintendo Switch Liteは単にSwitchの小型版、廉価版であるように思えるかもしれない。だがその裏にはNintendo Switchブランドの再定義と、複数台の普及という新たな戦略が垣間見えるのである。

3年前から続けられた周到なイメージ戦略
 この戦略は、Nintendo Swicthが発売された約2年半前から周到に練られていたものと筆者は考えている。


 これまで放映されたNintendo SwicthのテレビCMを思い出してほしい。テレビの前で、みんなでわいわいと同じゲームで遊ぶ姿ばかりが印象に残っていないだろうか。

 もしそうなら、それこそが任天堂の戦略に乗せられている証左だ。16年の発売時に行われた発表会でも、任天堂はかなり意図的に「これが任天堂の新しい据え置きゲーム機です」と発言した。手に持って遊ぶ「携帯モード」も紹介していたが、その後の約3年間、1人で手元の画面を見つめ、コツコツとゲームを楽しむようなユーザーイメージはCMなどでも打ち出していない。「携帯ゲーム機ではなく据え置きゲーム機」「1人ではなくみんなで遊ぶマシン」という印象をアピールし続けてきたのである。

 これは前機種である「Wii U」が、決して成功とは言えない普及台数に終わったことが影響しているだろう。任天堂は、据え置きゲーム機市場で揺らいでしまったブランドイメージを回復するためにも、「これはすごい据え置きゲーム機だよ」と強調する必要があった。マシン発売と同時に、「ゼルダの伝説」や「マリオ」といった人気シリーズの大作ソフトを一気に投入したのも、そのためだったと言っていい。

 加えて、16年当時は、まだ携帯ゲーム機のニンテンドー3DSがバリバリの現役マシンだった。そちらの市場を侵食しないよう、手元の画面を見てコツコツ遊ぶタイプのソフトをNintendo Switch向けに投入するのは意図的にセーブしたという側面もあったはずだ。

 つまり任天堂は、ニンテンドー3DSの位置づけを保ちつつ、一方でNintendo Switchがテレビ画面の前でみんなで楽しむゲームであることをアピールし続けて、まずはNintendo Switchをリビングルームに普及させることに注力したのである。


関連リンク


ニンテンドースイッチはある程度普及した段階でスイッチライトを投入というプランもうまくいきましたよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment