ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲームフリークの増田氏が、ポケットモンスターソード&シールドにおいて、新しいポケモンとの出会いを大切にしているとアピール



ゲームフリークの増田氏が、ポケットモンスターソード&シールドにおいて、新しいポケモンとの出会いを大切にしているとアピールしていて、その辺をしっかりと伝えた内容になっているようですね。


―― 当初は謎のポケモンとして公式サイトに登場したネギガナイトや、ポケモンライブカメラに映ったポニータ(ガラルのすがた)など、新しいポケモンの発表のしかたがユニークだなと感じました。この辺りの世界観の作りについて教えてください。

増田 我々は1匹1匹のポケモンをとても大切にしていて、そのポケモンとの「出会い」も大事にしてほしいと考えています。いつ、どの場所で、どんな音楽を聴きながら、誰と捕まえたかというようなすべてを体験として見てほしい、というのがあります。例えば、全国各地のポケモンセンターに行くともらえるポケモンがいますけど、これは自分たち的に言えば「盆踊りに行ったときの想い出」に近いんです(笑)。誰かと一緒に行ったという記憶を、ポケモン自体とリンクできるというのが体験になる。インターネットでプレゼントされたものを家で受け取るだけでは、想い出に残らないなと。

今回のような新ポケモンの見せ方は、株式会社ポケモンの広報の方といっしょに会話しながら決めていったのですが、自分たちでも「面白いことをやっているなあ!」という感じがありましたね。ポケモンとの出会いってこういうことなんじゃないかなという、1つの答えになっているんじゃないかと思います。


関連リンク


ポケモンに関してはゲームに対する思い出と印象を鮮明に大人になっても覚えているでしょうね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment