ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

話題のリングフィットアドベンチャーで最速タイムをたたき出す強者が現れる!



話題のリングフィットアドベンチャーで最速タイムをたたき出す強者が現れる!としていて、そのタイムが一体どの程度のものなのかというところであって、その辺は見どころになってきそうですね。


2019年10月18日、任天堂よりNintendo Switch向けに『リングフィットアドベンチャー』というゲームソフトが発売された。「冒険しながら、フィットネス」をキャッチコピーとした本作は、運動を行うことを主軸に置いたゲームだ。特製のJoy-Conを取り付けた“リングコン”と“レッグバンド”を装着して体を動かすことで、ゲーム内のキャラクターもそれに合わせた動きを取るようになっている。

 ゲーム内には“アドベンチャーモード”というゲームモードがあり、フィットネスをすることでゲーム内の物語が進んでいく。ジョギングをすることで主人公がステージ上を走り、スクワットなどのトレーニングを素早く正確に行うことで敵モンスターを倒すことができる。

 単純にプレイヤーにトレーニングを課すのではなく、フィットネスを行うことで本格的にゲームを攻略していくという同作の斬新さはSNSや口コミで広がり、今では多くの量販店で品薄となるほどの人気となっている。

 そんな『リングフィットアドベンチャー』だが、通常の遊び方に勝るとも劣らないほどに注目されているのが、このゲームを使ったタイムアタックだ。

 通常、ゲームのタイムアタックというものはコントローラによる緻密な操作が要求される。だが、『リングフィットアドベンチャー』のタイムアタックで大きく要求されるのは、指定された動作やトレーニングを見て正確に素早く運動できるかどうかという、フィジカル能力である。

 海外のゲームのタイムアタック記録集サイト「speedrun.com」には、すでに『リングフィットアドベンチャー』の記録が登録されている。『リングフィットアドベンチャー』のタイムアタックは、ルールに応じてさまざまなカテゴリーが存在しているが、現在もっとも流行っているものは「セーブデータがない状態から始めて運動強度を最低の1にし、最初のWorld 1をクリアするまでを競う」というカテゴリーだ。

 また、インチキをせず任天堂が想定した通りに身体を動かし正しく運動しながら進める“Intended”、ゲームを攻略するためなら何をしても構わない“Not Intended”というカテゴリが存在する。現時点では、正しく画面の指示に従ってフィットネスを行う“Intended”のほうがプレイヤーに好まれているようだ。

 “Intended”のルールでは不正防止のため、正しく運動しているプレイヤーの姿をカメラで映さなければならないというルールがある。そのため、記録達成の動画には全力で運動するプレイヤーが必ず映っているという、他のゲームのタイムアタックではめったに見られないシュールな光景が広がっている。

 もちろんフィジカル面での修練が求められるだけでなく、ゲーム部分の攻略も進んでいる。選択する言語でメッセージ量の差からタイムが変わるほか、特定のフィットネスを行うところであえて違うフィットネスを選択し、ボスの攻撃を受けるための腹筋ガードを失敗して時短を狙うなど、『リングフィットアドベンチャー』界隈では現在進行中で素早くクリアするための研究が進められている。

 「World 1」こそ物語の序盤なのでプレイヤー側が取れる選択肢も少ないが、有用なスキルを入手する、以降のボスに有効な装備品を入手する、ボスの属性に合わせたフィットネスで攻撃を行うなど、今後のWorldでは戦略の吟味でさらにタイムを短縮できる要素も多く、今後の解明が期待される。


関連リンク


ゲーム的にはなかなかハードな筋トレゲーですから、その辺は体が悲鳴を上げない程度に頑張ってほしいですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment