ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ポケモンGOにポケストップを申請できる機能が追加!



ポケモンGOにポケストップを申請できる機能が追加!としていて、どんな条件を満たしたら可能になるのかというところであって、その辺をチェックしておきたいですね。



ナイアンティックとポケモンは11月14日、Android/iOS用位置情報ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」において、ポケストップを申請できる機能を実施した。

 本機能は、トレーナーレベル40のユーザーに限り「ポケモンGO」のゲーム内にて、ポケストップ申請またはレビューを行なうことができる。申請には、「Niantic Wayfarer」機能を利用し、現実世界に存在する場所をもとにした「Wayspots(ウェイスポット)」として投稿することができる。

 「Wayspots」は歴史的建造物や、地域のストリートアートなど幅広いスポットが対象となる。また「Wayspots」として申請する際の注意点としては、認定されるスポットや建造物はユニークかつ、安全にアクセスできる必要がある。さらに、申請された場所はユーザーがレビューで支持することで、ポケストップとして適用されるようになっている。

 これらはもともとナイアンティックが提供している「Ingress(イングレス)」のエージェント(プレーヤー)が登録したもので、2018年より韓国やブラジルなどの一部の国の「ポケモンGO」トレーナーも新しい場所を申請することが可能となっていたが、本日より日本国内でも申請が可能となった。


関連リンク


レベル40以上となっていて、それ相応にやりこんでいる人が対象になってくるものですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment