ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

NOAがDSとwiiの商品サイトを完全に取り除いたという報告がもたらされる



NOAがDSとwiiの商品サイトを完全に取り除いたという報告が上がっていて、wiiはまだソフトがかろうじて出ていたりするんですが、すでに現役を終えたという解釈なんでしょうね。



NOAの公式ウェブサイトにて、過去に任天堂からリリースされていたニンテンドーDS、及びwiiのすべての製品リストが削除されていたと報告が上がっていて、この削除によって、wiiUでリリースされていたバーチャルコンソールには影響していないため、ウェブサイトにて、マリオカートDSのバーチャルコンソールリストを検索すること自体は可能で、公式サイトで現在取り扱っているのは、ニンテンドースイッチ、3DS、wiiU、スマートフォンのゲームだけになり、又、日本とヨーロッパの任天堂公式ウェブサイトではまだDS、wiiの製品リストは削除されていません。


関連リンク

ある意味一番最後まで掲載しているという印象が強かった北米が一番先だったというのは意外ですよね。1万円wiiまで出していたくらいですし・・・

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

任天堂アメリカは古くなったサイトは消していくスタンスのようですね
ゲームソフトのサイトなどはあたかもソフトの延長線であるかのような凝ったデザインで
一通りブラウズするだけでも楽しめたり壁紙やスクリーンセーバーの配布が充実していたりと
なかなか日本版サイトにはない子供心をくすぐるようなコンテンツなので
消えていくのは惜しい感じもあるのですが....

ちなみに日本の任天堂では一部のキャンペーンやイベント特設サイトを除き
基本的に過去のサイトは消されず全てサイトマップから辿れるので
こちらもゲームとwebの歴史をありのまま残していてなかなか貴重だと思いますね

2019/11/15 (Fri) 00:31 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。日本の場合、任天堂は古いページを残していますよね。
たまに検索すると出てくることがあって、見てしまうこともあります。
北米の場合、そうした痕跡を残さない方針なんですね。
北米のページを詳しく見たことはないですが、
凝った作りならばちょっと残念ですね。

2019/11/15 (Fri) 04:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment