ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

GoogleのクラウドゲーミングStadiaのロンチタイトルが発表されたけど、ちょっと古くない?と指摘



GoogleのクラウドゲーミングStadiaのロンチタイトルが発表されたけど、ちょっと古くない?としていて、ソフトがどれだけ集まり、そしてにぎわいを見せるかというのが最も基本的な部分になりますね。


ほとんどのタイトルが古いよ、グーグル…。

Google(グーグル)のストリーミングゲームサービス「Stadia」が開始されるまでいよいよ1週間を切りました(残念ながら日本のサービス開始は未定)。事前予約が始まっているにも関わらず、唯一分かる情報がサービス開始と同時に遊べるゲームのタイトルリストだけってのもびっくりな話です。ですが、いざゲームの配信リストを見てみるとGoogleが直前まで公表を控えていた理由も分かる気がしてきました。

タイトルが...古い。
ゲームのタイトルリストを見て心配になりました。Stadiaは11月19日にサービスが開始され、同時に12本のゲームが遊べますがほぼ全てのゲームは既に他のプラットフォームで発売済みです。


こちらが12本の配信リストです。

『アサシン クリード オデッセイ』

『Destiny 2』

『GYLT』

『Just Dance 2020』

『Kine』

『Mortal Kombat 11』

『レッド・デッド・リデンプション2』

『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』

『SAMURAI SPIRIT』

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』

『Thumper リズム・バイオレンスゲーム』

『トゥームレイダー』

これらのゲームの中には名作も含まれていてチョイスも素晴らしいんですが、数カ月前に発売されたタイトルもあれば数年前に発売された物まであります。何が問題かって、ほとんどのタイトルが古いんです。

リストの中で唯一期待できそうなのは、インディーゲームデベロッパー「Tequila Works」によるクールなアドベンチャーゲーム『GYLT』です。もしも既に何かしらのプラットフォームやゲーミングPCを持っているならばこのゲームをきっかけに、Stadiaに登録する人はいるかもしれません。


関連リンク


各社ともコンシューマービジネスを辞めた訳ではないですからね。まだまだ様子見というリストになっているのは否めないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment