ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

11月15日発売のニンテンドースイッチ『ポケットモンスターソード&シールド』のmetacriticが公開!



11月15日発売のニンテンドースイッチ『ポケットモンスターソード&シールド』のmetacriticが公開!どういったレビューが並んでいるのかというものであって、その評価そのものも気になりますね。



ゲームインフォーマー – 88

ポケモンソード&シールドは、シリーズのコンソールへのパーフェクトな移行に対するパワフルな最初の試みです。いくつかの不満があり、真実で伝説的地位からそれらを遠ざけていますが、この新世代は、ポケモンのフランチャイズがデビュー後20年以上もまだ素晴らしいことを証明しています。

EGM – 80

適切なホームコンソールでリリースされた最初の新世代のポケモンゲームは期待を裏切らない。DynamaxingやWild Areaなどの新機能は、ポケモンのチャンピオンになった経験を新鮮に感じさせる楽しい追加です。Game Freakが新機能に少し頼りすぎたのは残念なところです。

Metro GameCentral – 70

デキシットに対する怒りは誇張されているかもしれませんが、それがなくても、これはポケモンを近代化し、その視野を広げる圧倒的で野心的な試みです。

デイリースター – 60

ポケモンソード&シールドは悪いゲームではありません。しかし、楽しいキャラクターアークと新しい「ムーン」の独創的で創造的なデザインは、貧弱なペーシングと制限的な世界デザインによってしばしば相殺されます。ガラーの世界は魅力的で、私が子供の頃から夢見ていたイギリス風ポケモン的解釈ですが、ジムバッジの後ろでキャッチできるポケモンをゲーティングし、中途半端なルートマップ/シティデザインと適切な量のゲーム終了後のコンテンツ、ソード&シールドはは『GOOD』なポケモンゲームとのみ呼ばれ、『グレート』なポケモンゲームとは呼ばれません。


関連リンク

レビューそのものはなかなかな辛口ですね。それだけ期待の大きさの裏返しといえそうですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment