ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリウッド映画『ソニックザムービー』が大幅にデザインが修正されたことの背景には、ソニックマニアを手掛けたクリエイターが抜擢されてバトンタッチしたため



ハリウッド映画『ソニックザムービー』が大幅にデザインが修正されたことの背景には、ソニックマニアを手掛けたクリエイターが抜擢されてバトンタッチしたためだとしており、その辺がかなり影響しているようですね。



ファンからの大きな反発があって、パラマウントは公開の延期に踏み切ったソニックザムービーは、その時間を活用して、見違えるようにソニックを作り直した際、その背景にいたのは、ソニックマニアで名声を獲得していたTyson Hesse氏が抜擢され、再設計を依頼したことにあり、新ソニックザムービーのリードデザインを担当していたと明かしています。


関連リンク


一度死にかけた映画を蘇らせたのは、ゲームでも評判が高かったソニックマニアのリードデザイナーだったというのは驚きで、パラマウントもバカではなかったですよね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

これからゲーム原作のCG映画はゲームディレクター使ってったほうがいいね

名探偵ピカチュウも任天堂と直々にかなりデザインについて話し合ったらしいし

2019/11/13 (Wed) 18:38 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうなんですね。任天堂との直の話をしていたのであれば安心
ですよね。これは完全にクリエイターの独りよがり的なものに
仕上がっていたので、ソニックマニアのデザイナーがダメ出し
をしていいものに仕上がりましたね。

2019/11/13 (Wed) 19:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment