ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

クラウドゲーミングサービスでもある『PlayStation Now』が今後の方針として、大型タイトルのロンチと同時にサービスを開始しないと断言



クラウドゲーミングサービスでもある『PlayStation Now』が今後の方針として、大型タイトルのロンチと同時にサービスを開始しないと断言していて、その辺はXBOXGamePassとは一線を画すものになりそうですね。


2019年の10月にサービスの大幅値下げ、及びCERO Zのゲームを追加したことが記憶に新しいPlayStation Nowですが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのCEO、ジム・ライアン氏はgamesindustry.bizとのインタビューの中で、今後SIEのファーストパーティー製タイトルは少なくともローンチではPlayStation Nowに含まれないことを明らかにしました。

インタビューの中でライアン氏は、『ゴッド・オブ・ウォー』や『Marvel’s Spider-Man』、『The Last of Us 2』といったタイトルを例に上げつつ、「(ゲーム業界は)流動的で、変わりやすいマーケット。ひとまずは我々が作るゲームのスケールや自然な流れを汲んで、そういったビッグタイトルの発売をそれぞれ一大イベントとすることに力を注ぎたい。」としています。

それと同時にライアン氏は、「大型IPに対するPlayStation Nowの扱いは12ヶ月前とは全然変わっている。今後、この状態を保ち続けるとも言い難い。」ともしており、今回の決定が恒久的なものではないことも示唆しています。


関連リンク


クラウドゲーミングとして今後生き残っていますけるかも含めて、サービスの摸索は続くでしょうね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment