ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

SWWSの吉田氏が退任、新たにゲリラゲームズのハーマンハスルト氏が就任へ



SWWSの吉田氏が退任、新たにゲリラゲームズのハーマンハスルト氏が就任へとしていて、組織変更があったと伝えており、その辺は体制強化とその思惑はどこにあったのかとえいそう。


ソニーはPS5のリリースに先駆けて、リーダーシップの大改革を続けている。吉田修平はワールドワイド・スタジオ(WWS)プレジデントの責務を離れ、外部のインディークリエイターの発掘や育成を支援する新たなイニシアチブのヘッドに就任。WWSの統括責任者には、ゲリラゲームズの共同創設者でディレクターをつとめたハーマン・ハルストが就任した。

インディーデベロッパーのサポートに専念するという吉田の移動は、フレッシュな人材を取り入れ、より幅広くゲームを届けていくというソニーの戦略の一環だ。吉田がイニシアチブを取ることで、PlayStationのCEOジム・ライアンが「ゲーム業界の生命力」と呼ぶ外部のインディースタジオの育成につながるだろう。

吉田は「PlayStationプラットフォームへのインディーデベロッパーの貢献を支援するという活動を通して、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の組織全体とインディーデベロッパーとのよりよい関係性を一緒に築いていけるようにしてくれるだろう」とライアンはGamesIndustry.bizのインタビューで話している。


関連リンク


こうした動きもPS5に向けての準備段階といえそうで、それだけに、次のハードに掛ける思いが伝わりますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment