ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

社会主義国家でもある中国がゲームプレイに関して大幅な規制を設ける法律を施行へ



社会主義国家でもある中国がゲームプレイに関して大幅な規制を設ける法律を施行へとしていて、その具体的な内容はどんなものになっているのかというものであって、こういうのがあるから民主主義国家ではないなぁと痛感しますね。


ニューヨークタイムズが報じているところによると、中国は国家新聞によって、ゲーム依存症、近視、学業への影響の懸念などの問題に対処するために、ゲームプレイに対しての規制を設けて、1日のゲーム時間は90分、週末になると3時間に緩和、又インターネットカフェなどで遊ぶ場合、本名と身分保障書を利用してオンラインアカウントに登録しなければならず、DLCなどのマイクロトランザクションに関しては、月額28ドル~57ドルまでの制限を設け、プレイヤーの年齢によってこれらは異なり、中国ではこのような変化が起こるものだとしています。


関連リンク


民主主義国と比べて、あまりにも国家統制力が強すぎるのが社会主義国家というもので、今回の施行はかなり厳しいと言わざる得ないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment