ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

創業1889年、任天堂130年史を語りつくそう!始まりは花札から



創業1889年、任天堂130年史を語りつくそう!始まりは花札からとしていて、ゲーム機に如何にして直結していったかという歴史がある訳で、そのきっかけになったのは何かといえそうですよね。


「今から130年前、1889年に創業した当時は、任天堂は職人が手作りした花札を売る商店でした」(経済誌記者)

 その後、2代目の山内積良社長が1947(昭和22)年、京都市内に「株式会社丸福」を設立。1953(昭和28)年には日本初のプラスチック製のトランプ製造に成功し、1959(昭和34)年にはカルタ製造を自動化するなど、日本のカードゲーム界に新しい風を送り込んできた。

 このころから、独創的なアイデアで製品を世に送り出す、現在の任天堂の企業イメージにも通じる姿を見せていたようだ。

 そして1963(昭和38)年、現在の「任天堂株式会社」に社名を変更。ボードゲーム、麻雀牌などのファミリー向けゲームを多数、発売するようになる。さらには複写機「コピラス」のような事務機器やベビーカーの販売など、遊び以外の事業にも進出した。

 この時期の任天堂に、現在に連なる大きな流れが2つ生まれた。ひとつは、アーケードゲーム機の事業。1973(昭和48)年に業務用のレジャー・システム「レーザークレー射撃システム」を開発したのだ。

 そしてもうひとつは、家庭向けエレクトロニクス玩具だ。電子楽器「エレコンガ」、愛情度を計測する「ラブテスター」、ガンマンのフィギュアなどをターゲットに射撃をおこなう「光線銃」シリーズなどが発売された。

 さらには、無線クリーナー「チリトリー」という、ルンバを先取りしたかのようなガジェットまで開発しているのが驚きだ。

対戦可のゲームを内蔵した「カラーテレビゲーム15」

「この時期のアーケードゲーム展開とエレクトロニクス玩具開発の流れが、のちの『ゲーム&ウオッチ』や『ファミリーコンピュータ』の元祖ともいえる『カラーテレビゲーム』の誕生につながっていったのではないでしょうか」(ゲーム誌編集者)

「カラーテレビゲーム」とは、1977(昭和52)年に任天堂が発売した、15ものゲームを内蔵したテレビゲーム機。そのスタイルは、のちのファミリーコンピュータの姿を彷彿とさせるものとなっている。

マルチスクリーンのゲーム&ウオッチ「マリオブラザーズ」

●「ゲーム&ウオッチ」から始まる携帯型ゲーム機で、男子の心を鷲掴み!

「『ゲーム&ウオッチ』は推定で、全世界累計4340万台を販売したといわれています」(ゲーム誌編集者)

「カラーテレビゲーム15」でコンピュータゲームに光明を見出した任天堂が、現在まで続く「携帯型ゲーム機」という製品群の元祖として生み出したのが、1980(昭和55)年に発売された「ゲーム&ウオッチ」だ。デジタル時計とゲームが融合したこの商品は、50種類以上が発売される人気商品となった。

 左右2個のボタン操作で楽しめるシンプルな商品が多かったが、画面サイズが大きなものや、のちの「ニンテンドーDS」にもつながる折り畳み式のダブル液晶画面など、多数のバージョンが登場している。

 その後も、任天堂の携帯型ゲーム機は進化を重ねていく。「ゲームボーイ」「ゲームボーイカラー」「ゲームボーイアドバンス」と、携帯型ゲーム機もモノクロ液晶画面から、反射型TFTカラー液晶を採用、32bitのCPUを搭載し進化を続けた。後継機で旧ソフトもプレイ可能で、子供たちには嬉しかった。

 ゲームボーイシリーズの思想を受け継ぎつつ、2つの液晶画面に、下画面ではタッチペンを使用することで、直感的なまったく新しいゲーム体験を提供したのが「ニンテンドーDS」。さらに、後継機となる「ニンテンドー3DS」では、なんと裸眼での3Dゲーム画面を実現し話題になった。


関連リンク


やっぱりパイオニアとなったゲーム&ウォッチと十字キーを生み出した辺りから本腰を入れ始めましたよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment