ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

セガゲームスの名越氏に対し、龍が如く7の体験版の配信に対しての質問などをしているインタビュー記事が公開!



セガゲームスの名越氏に対し、龍が如く7の体験版の配信に対しての質問などをしているインタビュー記事が公開!されていて、バトルが新しくなっただけに、固定ファンだけではない、新規層を取り込めるかが勝負ですね。


■名越監督と横山プロデューサーのインタビュー――本日プレイできる体験版は今後配信予定はありますか?

横山氏:配信の予定はあります。日付に関しては近日中にお知らせできると思うのでお待ちいただければと思います。

――今回の体験版と、東京ゲームショウ版と違う部分や見どころについて教えて下さい。

横山氏:本編の4章の冒頭を切り取っている点は変わらないのですが、「紗栄子」という新たなチームメンバーが加わってバトルができるようになったのが大きいです。他にもバトル中にアクションコマンドを追加入力してダメージ量をアップする要素や、ガードアクションを追加するなど、「ライブコマンドバトルの中身」を東京ゲームショウよりバージョンアップさせています。かなり完成版に近いバトルアクションが楽しめるものになっています。

――横浜でもサイン会&体験会を実施されたとのことですが、プレイされた方からの感想を教えていただけますか。

名越氏:東京ゲームショウの時もそうですが、多くの疑問を持っていた方が実際にゲームをプレイすることで疑問が晴れてきて、「これはこれで面白いんじゃないか」という反応をいただいていて、そこはありがたいなと思っています。

 我々もRPGというジャンル自体は初めてなので、その中で調整して出して、調整して出して……という形なので触っていただくバージョンが細かく分かれているのですが、前に触ったことがある人も新しいバージョンの方が良い反応が出ていると思うので、我々も自信が出てきたところではあります。

横山氏:実際にプレイされている方の画面を見ていると、コマンドを選択したあとにアクションコマンドを入力するという操作を直感的にプレイされていたので、あまり説明しなくても直感的に遊べるものになっていて思ってホッとしています。

――今回のバージョンでは紗栄子が仲間になり、新たな職業がプレイできるのが特徴です。他にも女性専用の職業のようなものはありますか?

横山氏:もちろんあります。まだ発表されていないので数などは言えないのですが、仲間になるキャラクターたちの中には専用の職業を持っているキャラクターもいます。

 例えば「事務職」という職業があります。助演女優オーディションで選ばれた鎌滝えりさんがゲーム内で仲間になるのですが、彼女は一番製菓という会社の事務員なので事務職からスタートします。女性専用と言うか彼女専用の職業になるのですが、事務用品カッターを武器にしたり、画鋲を投げたりして戦いますよ。

――ゲームシステムも主人公も大きく変わっていますが、セールスに対しての手応えのようなものはありますか。

名越氏:まだ購入について悩まれている方もいらっしゃると思いますので、体験版や体験会を通じて理解を深めていただければと思います。近々発表会を開催すると思うのですが、やはりドラマとして濃い人間ドラマがあって、見応えのある感動体験はできる点は「龍」という冠がついている以上は変わらないので、そこの訴えかけもしていきます。

 RPGとしての理解を深めていただくことに集中しているのは事実ですが、「ドラマも相当熱いよ」というのを感じて取れるような素材も今後出していきますので期待していただければと思います。

――トレーラーを見るとスロットのシーンでサミーとユニバーサルという競合メーカーが登場していましたが、業界のタブーに立ち向かうような意図はあったのでしょうか。

横山氏:タブーに立ち向かうといった意図はなく、素直にお願いしに行ったら受け入れて頂いたという感じです。自分もパチスロが好きなので、今回はちゃんとパチスロを入れようとした時にサミーの台が入っているのは当たり前なのですが、ユニバーサルの台が入っている方が遊技機好きな方には刺さるだろうと思ってお願いしに行きました。

 初期の「龍が如く」シリーズではパチスロやパチンコが入っていたのですが、4や5では実機が入っていなかったんですね。ユーザーさんから「どうして実機が入っていないんだ」という声をいただくことがあって、今回歓楽街を表現するにあたりパチンコ屋は絶対ありますから、その中でちゃんとお店に入れて、遊べるようにしたいなと思っていたので、入れられてよかったです。

――これから「龍が如く7」に触れる方にメッセージをお願いします。

名越氏:RPGというのは日本のユーザーにとっては近い距離で、根強い遊び方を知っている定番ジャンルのど真ん中にあると思うんですね。時代が変わり、ハードが変わり、色んな事が変わる中で、RPGというもののDNAはありながらも遊び方や表現したいもののバリエーションは広がっていくべきだと考えています。

 元々「龍が如く」が誰も手をつけていない、当時で言えばタブーだったのかもしれませんが、そこに根を広げながらファンを増やしていったとこともあり、決して触りにくいものを提案しているわけではなく、触りやすいけど新しいもの。僕自身新しいゲームシステムで新しい物になると、覚えなきゃいけないことが多すぎてちょっと手が引けちゃうんですね。言ってることはわかるんですけど、僕個人が古い遊び方で新しい体験をさせて欲しい、その方が早いし面倒くさくないし(笑)。そういう欲求は自分の中にもあって、その答えがこのコンテンツでできているんじゃないかと思っています。

横山氏:開発しながらプレイしているとRPGの楽しさというのは“育てていく楽しさ”や“仲間を増やしていく楽しさ”を実感できる良いシステムになっている思っていて、RPGっていうのは元々そのくらい優れたシステムなんですね。なのでストーリーの感情移入の仕方や感じ方もトップクラスだと思いますし、キャラクターへの愛の入れ方も違うんです。実際に自分が手をかけて育てていくので、仲間意識がこれまでのシリーズと格段に違いますね。それは体験版では伝わりづらい部分かと思うので、体験版はあくまでもプレイフィールや、ライブアクションはこういうものなんだというのを楽しんでいただいて、RPG的な楽しさは買っていただいて長く触れていただいて初めてわかるのかなとも思っています。

 これからストーリーの部分の新情報などが出てきますので、それと体験版をセットで見ていただくと「やっぱりこれは『龍が如く』なんだな」という、新しさとこれまでの龍らしさを両方味わっていただけると思うので、体験版だけでなくこれから公開する新情報にも注目して欲しいです。


関連リンク


発売にむけてこれからどんどんと新しい情報が公開されていくというのは楽しみですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment