ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

歴代のセガハードを作り続けて、セガの社長にもなった佐藤氏が、著書にて、セガが売却される可能性が過去にも幾度があったと語る(リライト記事)



歴代のセガハードを作り続けて、セガの社長にもなった佐藤氏が、著書にて、セガが売却される可能性が過去にも幾度があったと語る(リライト記事)マイクロソフト意外にもそういった動きがあったことが伝わっていますね。


『元社長が語る!』は、自らを「技術屋」と呼ぶ佐藤元社長が年代順に詳しくセガの歴史を振り返っていく内容。この9月に刊行されました。

 佐藤元社長は家庭用ゲーム機という概念すらなかった1971年に新卒で当時のセガ・エンタープライゼスに入社。アーケード用はもちろん、セガ最初の家庭用ゲーム機「SG-1000」から家庭用ゲーム事業にも長らく関わってきました。ドリームキャスト失敗後の2001年に叩き上げとしてセガの社長に就任し、2003年まで社内の立て直しに注力しました。

 なかなか表には出ないゲーム開発の裏側がぶっちゃけられている本書。セガは任天堂になぜ負け続けたのか、それでも挑戦を止めなかった理由とは? セガの敗因を分析するくだりは、歯に衣着せぬ言いようである種爽快。

 興味深かったのはセガとソニーの奇妙な関係性。一時期セガとソニーが協力してコンシューマ事業を行えないか模索していた時期があり、さらにさかのぼると当時パラマウントが傘下のセガをソニーに売却する動きもあったとか……。そうした縁もあって、プレイステーションの生みの親であるSCEの久夛良木健さんとは「半年にいっぺんくらい、2人きりで飯を喰いながら、お互いにさしさわりのない範囲内で情報交換をしていた」というから驚きです。

 ほかにも、100億円とも言われる大金を注ぎ込んで「湯川専務」をプロデュースしたにもかかわらず失敗したことへの怒り、火中の栗を拾わざるを得なかった社長就任時の事情など、セガファンには衝撃の暴露もあります。


関連リンク


セガファンは秋元康氏をよく思っていない人は多いのはドリームキャストの件で明らかですよね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment