ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトがXBOXOneのコンソール収益が決算にて34%の大幅な落ち込みを記録したと伝える



マイクロソフトがXBOXOneのコンソール収益が決算にて34%の大幅な落ち込みを記録したと伝え、次世代機で巻き返せるかとしていて、今年のホリデーも苦戦が予想されていますし、実際にはどうなるかでしょうね。


マイクロソフトが四半期ごとの決算を発表した際、コンソール機にも話は及び、XBOXOne本体の収益が34%と大幅減になり、そのため、ゲーム収益全体にも影響を与え、7%の減少になり、投資家に対し、プロジェクトスカーレットが2020年のホリデーに焦点を定めているので、コンソールの販売が減少していることを指摘して、XBOXソフトウェアとサービスの収益も成長を続けているものの、売り上げ的に相殺された結果になったそうです。


関連リンク


XBOXOneはいろいろな失敗や苦労の連続でしたがフィルスペンサー氏が立て直して今の姿ですからね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

まあXboxに関してはScarlettがXbox Oneで動くすべてのソフトと
すべての周辺機器が使える、と発表されましたから
Scrlett待ちの人が増えるぶんXbox Oneの本体の売り上げは下がるでしょうね
欲しい人の大半はもう買った後でしょうし....

2019/10/28 (Mon) 04:23 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。XBOXの場合、下位互換性がプロジェクトスカーレット
で保証されているので、その辺は本体価格がホリデーで思い切った
価格にしないと売れないでしょうね。その辺はマイクロソフトも
ある程度分かっていると思いますね。後は次世代機で日本市場を
どこまで開拓できるか・・・

2019/10/28 (Mon) 06:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment