ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチライトは、任天堂が携帯ゲーム機を愛用する人たちへの期待に応えた商品だと指摘



ニンテンドースイッチライトは、任天堂が携帯ゲーム機を愛用する人たちへの期待に応えた商品だと指摘していて。3DSは持っていてゲームがそこで止まっていた人たちを取り入れることに成功する可能性が大きいですね。



小さなSwitch vs 大きなSwitch
Switch Liteは持ち運びに特化しているため、ドックにつないだりテレビに出力したりはできない。ゲームは「携帯モード」でプレイするしかない。コントローラーは本体から取り外せない。


Switch Liteの内部ハードウェアは従来のものと(ほぼ)同じなので、Switchでプレイしていたゲームはそのまま楽しむことができる。ただし、外付けのJoy-Conか「Nintendo Switch Proコントローラー」がないと、モーションコントロールで遊ぶことはできない。Switch Liteの価格は200ドル(日本では19,980円)で、従来のSwitchは未だに300ドル(日本では29,980円)となる。

Switch Liteで改良された点
そうは言っても、Switch Liteを「Switchからいくつかの機能が省かれたもの」とは考えないでほしい。Switch Liteには携帯ゲーム機としての改良が施されている。例えば、本体のマット仕上げだ。


オリジナルのSwitchも特につやつやしていたわけではないが、素材のプラスチックはつるっとしていて、特別な表面加工がされていたわけではない。それはそれで問題ないのだが、手に持ったとき「滑りにくい」とは言い難い。Switch Liteにはマット加工が施されているので、Switchよりしっかりと手になじみ、本体が滑ってしまうことも、ずれてしまうこともない。

また、Switch LiteはSwitchより軽く、より頑丈に感じられる。従来のSwitchのように微妙にたわんでしまったり、コントローラーの接続部がカチャカチャ揺れたりはしない。

ディスプレイを見ても、Switchよりくっきりしている。5.5インチのディスプレイは従来の6.2インチより小さいが、ピクセル数が同じなので、画質は目に見えてシャープだ。

さらに、バッテリー持続時間も異なる。相変わらずバッテリーのもちは悪いが、オリジナルのSwitchほどは悪くない。Switch Liteは1回のフル充電で4~6時間プレイできる。Switchはゲームの内容にもよるが、2時間半~4時間程度だ。2台を並べてテストしてみたが、Switch Liteは、どのゲームでもSwitchより少なくとも1時間長くプレイすることができた。

もちろんバッテリー持続時間はゲームによって大きく異なる。例えば、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、「Sayonara Wild Hearts」よりバッテリーの消耗がずっと早い。また、SwitchはSwitchでも、すでに発売中の2019年モデルであれば、少なくとも理論上は従来モデルより持続時間が1時間は延びているそうだ。

プレイスタイルに合わせて選べるゲーム機
Switch Liteは、任天堂の新時代の幕開けに向けた第一歩である。据置型ゲーム機と同じゲームをプレイできる携帯ゲーム機を、任天堂が初めて発売したのだ。テレビを必要としないSwitchプレイヤーにとって、持ち運びやすいSwitch Liteは新たな選択肢となる。


また、Switch Liteそのものには、任天堂からユーザーへの利益を度外視した愛が感じられる。任天堂は大きくて高価格な“Switch Pro”をつくるのではなく、携帯モードを愛用するプレイヤーに応えて、より手ごろな価格のSwitch Liteを発売したのだ。

わたしはSwitchをドックに接続したくない。据置型ゲーム機に縛られながらのプレイは、あまり楽しめないタイプなのだ。でも、わたしと反対の意見をもつSwitchユーザーだって、きっと何百万人といる。SwitchとSwitch Liteというふたつのモデルを用意したことで、任天堂は「TVモード」が好きなユーザーと「携帯モード」が好きなユーザー、両方の希望に応えたのだ。しかも、両方のモードが好きだという中間のユーザーを排除することもしなかった。

Switchに「携帯版」のゲームソフトというものは存在しない。SwitchでもSwitch Liteでも、プレイするゲームは同じである。ユーザーはただ、どうやってプレイするかを選べばいいだけなのだ。


関連リンク


6対4で現状スイッチのほうが売れていますが、それが理想的な売れ方かもしれないですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment