ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5の最大対応解像度は8k!に対しての現状の懸念を指摘



PS5の最大対応解像度は8k!に対しての懸念があるとしていて、それは一体何なのかというところであって、現状を考えてみてもほとんど流通していないですし、まだまだ時期尚早な感じがするのは否めないですね。


8Kに対応しているのは60型以上!
 数字の上では素晴らしいばかりの8K解像度だが、普及の途は遠いように思える。ここ数年、4KのテレビやPC用モニタが順調に値下がりしているのに対し、8Kテレビは型落ち品や中古品でも30万円台半ばを下らない(10月16日時点)。


 しかし値段以上に問題なのは、モニタのサイズである。4Kなら24~30型にも豊富なラインナップがあるのに対し、「8Kテレビ」として売られているのは60~80型が主。一応プロ用途として31.5型の8Kモニタも存在するが、価格帯は大型と大差ない。

 60型以上のサイズになると、適切な視聴距離を稼ぐためには、少なくとも10畳程度の整理されたリビングルームが必要になる。したがって都心で働く単身者の多くにとって、8Kテレビは「夢のまた夢」のようなアイテムになってしまっている。

 過去30年の間に液晶や半導体がめざましく進化したのに対し、日本の都市部の間取りは、ファミコンを遊んでいた時代からほとんど向上していないのである。若手サラリーマンの給料では、どうやったってモデルハウスのような新築マンションは借りられないのだから仕方ない。

 もっとも、普及が進んでいないからといって、PS5の目玉「8K出力」機能に用途がないわけではない。たとえばeスポーツの大会では、特別な装置を用いずとも、巨大なディスプレイに最高の解像度で出力することができる。

年末商戦を狙うPS5。お値段が心配…
 現行ハイエンドの「PS4 Pro」の価格は約4万円。発売開始時には4万4980円だったことを考えると、PS5もこの価格帯を狙ってくることが想定される。ライバルハードよりは高値を付けるものの、パーツ構成を考えるとこれより安くするのは難しい。


 さて、海外では好調な売れ行きを続けるプレイステーションシリーズだが、日本国内では2000年代半ばから売上を減らし、総出荷台数における国内比率はPS4で1割を切っている。

 PS5登場で「狭い家に暮らす日本人はいよいよ見捨てられた」というのはさすがに穿ちすぎだが、「ラララ・プレイステーション」という陽気なCMで子ども層の取り込みに躍起だった頃と事情が違うのは確かなようだ。

 もちろん、ローンチタイトルの発表を待たずして「次世代ハード戦争」を語るのは時期尚早に過ぎる。8Kグラフィックに対応するハイエンド機がどう活躍するのか、その行方を見守りたい。


関連リンク


8kは対応可能といっているだけで、標準は4kになるんじゃないかなぁ。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

3 Comments

ななしさん  

PS4の4K対応詐欺と同じでどうせまた対応ってだけで実際には動かせないんだろうな
とは思う

2019/10/21 (Mon) 19:32 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

多分対応はしますけど、実質4kではないのかなと思いますね。
8kで動かすためには相当犠牲を払う必要がありそうで
その辺が未来感を出したい演出もありそうですね。

2019/10/21 (Mon) 19:38 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

PSの発売前情報の歴史を顧みてほしい・・・

どれほどの嘘があったかを。

2019/10/25 (Fri) 09:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment