ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

海外デベロッパーが、PS5は高品質なゲームを作る際、開発がPS4に比べて容易になるだろうと指摘(リライト記事)



海外デベロッパーが、PS5は高品質なゲームを作る際、開発がPS4に比べて容易になるだろうと指摘(リライト記事)その理由はどこにあるのかというものであって、ハードウェア構成がどういい影響を与えているかですね。


PS5がホリデー2020に発売されることを公式に知りました。この数か月の間に、ソニーは次期コンソールで多くの新しい詳細を共有しました。しかし、彼らが共有したすべての新しい情報の中で、最もエキサイティングなものは、SSDを持つことになるという事実(開発者をかなり興奮させました)そしてそれはAMDのZen 2 CPUを使用している(これは、開発を大幅に後押しするものです)。

私たちは最近、Infuse StudioのJacob Sutton氏(次期ナラティブアドベンチャータイトル『スピリットオブザノース』の 開発者)にインタビューを行い、  次世代ハードウェア、私たちが知っていること、そしてそのすべてについて、彼の視点から選びました。開発者は、次世代のゲームのために制作する意欲があり、そして、SSDと新しいプロセッサの両方に対するJacob Sutton氏の見解は非常に肯定的です。

PS5のSSDについて話すとき、Jacob Sutton氏はそれがすべてのゲームのロード時間をどのように改善するかについてコメントしました。しかし彼はそれがSSDだけに依存しない何かであると述べました。

『SSDは間違いなく、そのプラットフォームで実行されているすべてのゲームのロードを改善し、時間を節約するのに役立ちます』とJacob Sutton氏は述べています。『しかし興味深いことに、読み込み時間はシステム内の他のハードウェアに大きく依存します。スピリットオブザノースは、PS4 Proでの読み込みが同じ種類のハードドライブを持っているにもかかわらずPS4標準よりもはるかに高速です。』

一方、PS5のZen 2 CPUについて、彼の考えについて彼に尋ねたところ、Jacob Sutton氏は、彼が直面した困難との経験と比較しながら、集中的なレンダリング技術を利用するという点で、システム用のゲームの開発を大幅に容易にするだろうと述べました。

『PS5は、高品質のDFAO、ボリュームフォグ、アンビエントオクルージョンなど、パフォーマンスが大幅に向上したレンダリング機能を使用できるという点で、開発がはるかに簡単になります』と彼は言いました。『PS4 Proでゲームを実行するだけで、ハードウェアの制限を理解しようとしたときの最初の課題でした。ゲームを何度も実行して最適化し、レンダリングがどのように機能するかについて、両方のシステムでゲームを適切に実行するために知っていると思っていたよりも多くを学ぶ必要がありました。』


関連リンク


開発者サイドもPS5にかける期待は大きいようで、実際にスペックがお披露目された今、どんな感想を抱いているかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment