ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ついにGoogleのクラウドゲーミング機『Stadia』が11月19日にロンチ、日本を含まずにスタート!



ついにGoogleのクラウドゲーミング機『Stadia』が11月19日にロンチ、日本を含まずスタートとしていて、まずは海外でどれだけの成果を上げることができるかというのをお手並み拝見といったところですね。



 Googleは日本時間の2019年10月15日に開催した新製品発表会にて,クラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスを11月19日に開始すると発表した。ローンチ時点では既報のとおり,日本を含まない,14の地域に向けてサービスが提供される。

 Stadiaは,GoogleがGame Developers Conference 2019で発表したクラウドゲームプラットフォームだ。世界中にあるGoogleのデータセンターを利用するもので,クライアントの操作をクラウド側へ送り,ゲームのレンダリングなどの処理を行ったうえで,その映像や音声をクライアント側へストリーミング配信する仕組みとなっている。ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation Now」や,Microsoftの「Project xCloud」と競合するサービスといったところである。ゲームソフトのインストールは不要で,テレビやPCタブレット,スマートフォンなど,Chromeブラウザが動作する端末があればプレイ可能だ。

 通信速度は720p/60fpsのグラフィックス表現において最低10Mbpsが必須。4K解像度/60fps表現では35Mbpsが推奨とされており,月額9.99ドルのサブスクリプションサービス「Stadia Pro」は,4K/60fps,5.1chサラウンドに対応。2020年には,1080p/60fpsでステレオサウンドをサポートする無料版「Stadia Base」が公開予定となっている。

 なお,予約パッケージとなる「Stadia Founder’s Edition」(関連記事)には,Stadia Proの3か月間使用権2人分に加えて,専用コントローラ「Stadia Controller」と,コントローラをディスプレイに接続するデバイス「Chromecast Ultra」,さらにBungieの「Destiny 2: The Collection」と,Stadiaユーザーネームの命名規則に関する権利が用意される。

 前述のとおりローンチ時点では日本はサービス提供地域に含まれないが,コーエーテクモゲームスなどのメーカーも参入を発表している注目のプラットフォームだ。


関連リンク


クラウドゲーミング機として注目されている中、ビジネスモデルがどれ位成功するかは注目ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment