ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5で大々的に発表されたハプティックコントローラーはすでにXBOXOneで実装済みであり、主流の操作になりえるか?(リライト記事)



PS5で大々的に発表されたハプティックコントローラーはすでにXBOXOneで実装済みであり、主流の操作になりえるか(リライト記事)その辺はメーカー側にゆだねることになるので、活用がどこまで進むかですね。



最近、ソニーはPlayStation 5の新しい詳細を、大きく異なる部分で明らかにしました。業界のリーダーは、2020年ホリデーローンチ予定の次期コンソールの今後の機能について話し合い、4Kブルーレイプレイ、ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングなどの詳細を提供しました。

注目すべき新機能の1つはコントローラーハプティクスに関係します。これは、Xbox Oneがすでにある程度楽しんでいるものです。Gears 5、The Division、最近のTomb Raiderゲームなどのゲームは、Xbox Oneのハプティックトリガーをさまざまな程度に活用します。

今日のXbox Oneでは、Microsoftはハンドグリップだけでなくトリガーにも触覚振動モーターを搭載しており、より触覚的な体験を提供します。ただし、残念ながら、Microsoft自身のファーストパーティの取り組み以外では、実際にこの機能を使用する開発者はほとんどいません。ソニーがハプティックスに乗り込むことで、機能がより主流になり、より期待されるようになると、将来のXboxコントローラーもこの実装を楽しむ可能性が高まります。

ソニーの実装は、単純なトリガーハプティクスや重量のあるランブルモーターをはるかに超えており、実際に質感を与える高周波アクチュエーターを追加しています。

1つは『アダプティブトリガー』で、さまざまなレベルの抵抗を提供して、弓と矢の射撃を本物のように感じさせる(矢印を引き戻すと緊張が高まる)、または機関銃をショットガンとはまったく異なるように感じさせます。また、コントローラーの左右のグリップに配置された高度にプログラム可能なボイスコイルアクチュエーターを備えた、ランブルモーターコンソールのゲーマーが使用するよりもはるかに優れた触覚フィードバックを誇っています。

コントローラーの改良されたスピーカーと組み合わせると、触覚はいくつかの驚くべき効果を可能にすることができます。最初に、PlayStation VRのAstro Bot Rescue Missionを設計した同じJapan Studioチームの好意により、一連の短いデモをプレイします。最も印象的だったのは、さまざまな表面を備えたプラットフォームレベルでキャラクターを走らせたところ、すべてが独特の、そして驚くほど没入型の触覚体験をもたらしたということです。砂はゆっくりと詰まりました。泥はゆっくりと湿っていました。氷の上では、高周波応答によってサムスティックが本当に私のキャラクターが滑空しているように感じました。プールに飛び込んだとき、私は水の抵抗を感じました。木製の橋の上で、弾力のある感覚。

MicrosoftがXbox シリーズXtコントローラーをどのように処理するかはまだわかりませんが、2013年にXboxコントローラーが改訂されたときに触覚の主導権を握っていることを考えると、Sonyを同様の場所に追い込もうとするのは当然のことです。ソニーとマイクロソフトの共同の取り組みにより、ハプティックスの主流化が追加のイマージョンレイヤーとして役立つ場合、Xbox Oneのトリガーで見られたものをはるかに超えて、サードパーティによるはるかに広範な採用につながる可能性があります。


関連リンク


マイクロソフトもXBOXシリーズXで採用していそうなだけに、その辺の具体的な言及があまりなく、これからアピールされていくかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

8 Comments

ゲーム情報さん  

マイクロソフトのファーストゲーム以外でこれら機能を活用したデベロッパーはほとんどなく

↑ これは間違いですね、各メーカーのレースゲームなどをやればわかると思いますが、アクセル、ブレーキ時にトリガー振動がきてリアルに体感できます。また他のアクションゲームやFPS系もたくさん対応してると思います。

2019/10/14 (Mon) 10:42 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうなんですね。ご指摘ありがとうございます。海外ではそのような
記述になっていたんですが、サードもいろいろと活用しているんですね。
プロジェクトスカーレットに引き継がれるのは間違いないでしょうし
期待の大きな機能ですよね。

2019/10/14 (Mon) 10:49 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

これなにかの勘違いでなくて?
だってPS5のコントローラがハプティック対応って話で
「HD振動のパクりだ」って騒いでる人はいても
HD振動を「XboxONEコントローラのパクリだ」なんて話
ガチでただの一度も見たことがないし

2019/10/14 (Mon) 20:58 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

海外サイトによれば、すでにXBOXOneで対応していると明言していて、
それら対応作品がマイクロソフトからすでに出ているとして、
それら機能が活発化していないとしており、PS5に期待したいと
指摘されているので、間違いではないようですね。

2019/10/14 (Mon) 23:16 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

これはハプティック(Haptic)という言葉がもともと英語の触覚による知覚を意味する言葉で、
SwitchのHD振動などで採用された波形から多様な振動を生むことのできるアルプス電子(など)の新型振動装置が
そのまま"ハプティック®リアクタ"という名称を用いていることによる混乱ですね。

Xbox Oneの振動機能付きトリガーがプレイヤーの操作に対し振動による触覚を返す、という意味ではまさしく英語の「Haptic」という表現にあてはまりますが、
Oneコントローラーではトリガー含めあくまで従来型の偏心モーターによる振動で、
「ハプティック®リアクタ」などに相当する新技術は用いられていない、ということです。

一方PS5ではコントローラーにハプティック振動、トリガーに抵抗力によるフィードバックをもたらす「アダプティブトリガー」を採用すると発表されていますが、
トリガーそのものに振動機能があるかは不明なので、その辺がどのように違ってくるのかというのはまだ未知数ではあります。

2019/10/15 (Tue) 02:03 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

詳しいご指摘ありがとうございます。これで安心しました。
そういう理由なんですね。納得しました。

2019/10/15 (Tue) 17:03 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

そもそもここのタイトルがハプティックじゃなくてハブになっとるで

2020/05/26 (Tue) 00:12 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

修正しました。ご指摘ありがとうございます。

2020/05/26 (Tue) 01:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment