ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチのアナログスティックの修理費用が高いのではないかと話題になっているらしい



ニンテンドースイッチのアナログスティックの修理費用が高いのではないかと話題になっているらしいとしていて、修理に伴う金額が割に合わないと感じたのか、その辺の反応や動向を探っていきたいですね。


日本のゲーマーは、ニンテンドースイッチのアナログスティックボタンを修理するのに対しての費用が高いことを驚き、ショックを受けたとしていて、ジョイコンの修理の保証が切れた場合、ジョイコンのドリフト問題が発生した際、任天堂は1つにつき税込み2160円で承っていて、2つのジョイコンセットだと4320円になり、又ニンテンドースイッチライトは更に値段が上がり、4860円となっており、ドリフト問題が出た場合、それらを直すには費用がかさむようです。


関連リンク


修理には修理をする人の工賃が含まれていて、技術料があることを軽く考えている人が多いと思いますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment