ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

これほど受け入れられるとは思っていなかったと『Detroit: Become Human』クリエイターが語る!



これほど受け入れられるとは思っていなかったと『Detroit: Become Human』クリエイターが語っていて、それだけヒットした要因はどこにあったのかといえそうで、クウォンタムドリームが買収されてしまったのでマルチプラットになるかというもの。




今回、「Detroit: Become Human」のPC版がEpic Gamesストアで発売決定となった。発売は2019年秋で価格は3,990円(税込)。現在予約を受け付けている。前2作はすでに販売されており、これまでPS4専用だったQuantic Dreamの作品がハードの垣根を越えて遊べるようになった。

 今回のインタビューではもちろんこのPC版を販売する意図や想いも聞くのだが、そこよりも「Detroit」の成功とフィードバックが、現代最高のゲーム作家の1人であるデヴィッド・ケイジ氏に何をもたらし、そして彼がこれからどんな物語を紡いでいくかに重点を置いた。彼の物語への情熱、作り手としてのスタンスが垣間見えるインタビューになったと思う。

■物語の方向や語りたいメッセージは“内なる声”から生まれるもの

 今回、ケイジ氏はメディアによる複数のインタビューを受けており、弊誌は一番最後だった。そこで最初に、「これまでのインタビューではまだ語れなかった『Detroit』への想いといったものはありますか?」という質問をぶつけてみたが、ケイジ氏はニヤリと笑い「それは、君の質問で導き出して欲しいね」と答えた。その答えは筆者を身震いさせた。自縄自縛のプレッシャーからスタートするインタビューとなった。

 その上で月並みな質問で恐縮ではあるが、最初に聞くのはやはり「Detroit」の反響。「Detroit」はこれまで以上に日本のユーザーからの反響が大きく、新しいファンを増やしたという印象があるが、ケイジ氏はそれに対してどう思うだろうか?

 「これほどの好評を得るとは思ってもいなかったよ」とケイジ氏は答えた。Quantic Dreamの作品は日本で受け入れられしっかりとしたファンを得ているのだが、「Detroit」の高評価はそれを遙かに超えていた。ファンアート、コスプレ、そして開発者へ寄せられたメッセージなどユーザー間での盛り上がりも印象的だったという。

 自己分析として「Detroit」が日本で熱狂的に受け入れられたポイントはやはり「ストーリーテリング」だ。エモーショナルな物語がしっかりとファンを掴んだ。そして「アンドロイド」をテーマにしたことが日本のユーザーに響いたのではないかとケイジは感じたという。日本のユーザーは「ロボット」をテーマにした物語に強く興味を持ち、共感してくれる。そういう素地があったと感じているとのことだ。

 「Detroit」は女性ファンを多く得たが、ここは反響で驚かされた部分だという。女性受けを狙って作ったと言うことはなく、出た作品に女性ファンがついた。実際のファンの男女比率は同程度とのこと。「ゲームでアンドロイドの捜査官・コナーを演じたブライアン・デチャート氏はハンサムだからなあ」というのもケイジ氏の印象。デチャート氏は日本のファンへ向けた実況番組なども配信した。

 日本のファンの反響で意外だった部分は? という質問にはケイジは「ユーザーの選択の具体例」を上げた。「Detroit」はゲーム内のユーザーの選択がプレーヤーのデータとして残る。それによりユーザーの統計、国ごとの傾向など、ビッグデータが形成されるのである。興味深かったのは家政婦アンドロイドのカーラと彼女が守るアリスがバスのチケットを見つけるシーンがある。これはその前にあった男女が落としたもので、チケットを持っていればバスに乗り逃げることができる。

 欧米のユーザーはチケットを男女に返さず利用することを選んだのが40%ほどだが、日本のユーザーの85%がまず男女にチケットを返すことを選んだという。ほかにも“思いやりの高さ”が上げられる。日本のユーザーは親切な傾向が高く、他人に対して公平な態度を取ることを好む。暴力的な判断を好まないと言ったところで、他国のプレーヤーの傾向と大きな違いが出たという。

 この国によって人間の価値観や判断に傾向が出るというのは興味深い。ある意味それぞれの国での「性格」が出る結果でもある。人間ドラマを追い求めるケイジ氏にとって、こういった人物像は今後のキャラクター造形に影響を与えるのではないだろうか?

 ケイジ氏ははっきりと「それはありません」と答えた。国籍で人物像が決まったり、性格の傾向が出るという考えは、ケイジ氏の物語にはない。ケイジ氏のキャラクター達はどんな物語を描き、観客に何を訴え、どういったテーマを語るかで形成されていく。「この国のひとだからこう」ではなく、「こういうキャラクターだからこう判断する」というのが重要なのだ。外側からキャラクターが構成されるのではなく、内面に持つものがキャラクターの行動や反応で現われるのだという。

 また「この国の人達はこういうものを好む」という反応が得られても、それに合わせて物語を変えることはできないという。物語を描くのは情熱であり、何かを訴えたいという想いだ。それは外側から「これが求められている」といわれても、それに合わせることは、ケイジ氏のものづくりの方法論ではできない。しかしユーザーの反響から得られたデータは間違いなく「社会学」であり、そのデータはファンに向けて開陳したいと思っているとのことだ。

 「物語を書くときには色々な考えが浮かんできます。もちろん『こうすればウケるかも』という想いも頭をよぎりますが、そこに従うと結局ウケ狙いの、自分が作る物語とは違うものしかできない、そう思っています」とケイジは言葉を重ねた。ケイジ氏が耳を澄まし、聞き取るのは「自分の中からの声」。自分がどうしても伝えたい想い、皆に向かって共感してもらいたい、理解してもらいたいメッセージ、こういったものをユーザーに届けたくて、物語を作っているとのことだ。


関連リンク


日本人らしいエピソードを十分に感じられる一面が見られますね!

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment