ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

東京ゲームショー2019の来場者が12.2%減、人気に陰り?



東京ゲームショー2019の来場者が12.2%減、人気に陰り?特に一般日が減っていたとしていて、今年は目玉タイトルが少なかったかといえそうで、その辺も含めて何が原因になっていたのかというところですね。

 
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「東京ゲームショウ2019(TGS2019)」について、会期4日間の総来場者は前年比12.2%減の26万2076人だったと発表した。ビジネスデイが同0.6%増の6万8442人と増えたものの、一般デイが同15.9%減の19万3634人と落ち込みが目立った。

「もっとつながる。もっと楽しい。」をテーマに開催し、過去最大規模の2417小間が出展し(出展者数は655企業・団体、国内は350、海外は305)、家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表された。

基調講演では「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」をテーマに議論がなされ、5Gがeスポーツやクラウドゲームの市場を拡大させていくことを印象付けたという。

また、会期中はBtoBの商談も活発に行われた。リニューアルした「TGSビジネスマッチングシステム」で成立した商談件数は1496件となり、昨年の2倍を上回りました。世界に向けて最新情報を発信する国際的展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとしての役割の高まりを示す結果となった。

なお、来年の「東京ゲームショウ」は、2020年9月24日から27日まで幕張メッセで開催する予定。


関連リンク


ビジネスデーはまだ安泰ですが、一般デーは落ち込みが激しい・・・ちょっと厳しいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment