ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ぷよぷよが現代まで生き残った理由とは?PD細山田氏が語る!



ぷよぷよが現代まで生き残った理由とは?PD細山田氏が語る!とにかくIPを大切に扱うことだ第一になってきますよね。そこでお客さんがそれについてくるかというところで、そういう意味でもしっかりと対応してきた1本ですね。




●スマホブームにもうまく乗る

細山田:「ぷよぷよ」は何だかんだありつつ、ずっとコンパイルさんが出し続けて、セガもブーム前からハードメーカーとして協力してきたのですが、引き継いだセガもその後出し続けた。マルチプラットフォームにもこだわったので、ユーザーが遊ぶ機会も多かったと思います。それを踏まえてちゃんとビジネスを乗っけてきたのは大きいのかな。セガに入ってからも、かなりの宣伝費を投下しているタイトルの1つであるので、高い知名度は会社のおかげもある。当時の経営だったり、今の経営の判断も大きいと思うんです。

―なるほど。

細山田:もう1つあるとしたら、2013年に出したスマホアプリ「ぷよぷよ!!クエスト」ですかね。コンシューマー(家庭用)ソフトとしての「ぷよぷよ」は、20周年でそこそこ売れたんですけど、パズルゲームというジャンル自体に対して、コンシューマーの事業、家庭用ゲームでの市場が今後は縮小するんじゃないかという危機感を常に持っていたので、「モバイルやフリー・トゥ・プレイをやりたい」と考えていたんですけど、タイミングがなかなかなくて。

―その考えが実現に向かったのは。

細山田:2011年の20周年のタイミングで動き出しました。当時はガラケーもまだ健在で「ぷよぷよ」自体は好調でした。そのときは「スマホアプリを出す」と考えていたわけじゃないんですけど、「フリー・トゥ・プレイが今後は絶対主流になる」ことは分かっていたので、最終的には社長以下役員の方々と会議をしてゴーサインをもらって、13年に「ぷよぷよ!!クエスト」をリリースして、開発運営はもう6年半ぐらい続けています。で、実は売り上げは非公開なんですが、「ぷよぷよ」のIPの売り上げとしては、これがもう主軸になっちゃっている。

―へえ、数百億クラスの売り上げとか?

細山田:トータルで見ると、そんな感じですね。売り上げだけでなく、ここから「ぷよぷよ」の世界観やアクションパズルの「ぷよぷよ」に触れる方がどんどん増えていくので、とても重要な入り口にもなっています。

―「ぷよぷよ」がIPとして生き延びてきたリアルな背景ですね。ファンの熱意と愛情が支えた、みたいな美談チックな話になるのかなと思っていましたけど。

細山田:いや、もちろんあるんですよ。それもあるんですけど、一応ビジネス視点で言うと……。

―いやいや、分かります。ファンの愛情という太陽が照らしつつ、IPホルダー側が、ちゃんと肥料や水を意識的に与えたから枯れずに育った、という話ですよね。

細山田:そう。アクションパズルの「ぷよぷよ」ファンのコミュニティーはずっと昔からあるんですね。タイトルとしての浮き沈みがある中、キャラクターや世界観が好きなファンもいれば、アクションパズルとしてのぷよぷよが好きなファンもいる。ゲームセンターで支えていたところも結構大きくて。ゲームセンターの店長と交渉して、例えば半日フリープレイ状態にさせて大会をやるとか。さまざまな大学の「ぷよぷよ」サークルがどんどん増えていったり。会社と開発者とコミュニティーとか、ユーザーの方が三位一体となって「ぷよぷよ」全体を盛り上げていく感はある。過去に良いことも悪いことも、いろいろな浮き沈みがあったけれども、そういうターンはちゃんと作ってきている。


関連リンク


継続は力なり!ファン心理もしっかりと把握して今までやってきたようですね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment