ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2020年にニンテンドースイッチでリリースされる予定のTPSシューター『Rogue Company』はPSやXBOXとのクロスプラットフォームの実現へ



2020年にニンテンドースイッチでリリースされる予定のTPSシューター『Rogue Company』はPSやXBOXとのクロスプラットフォームの実現へという告知がなされていて、どうやって実現させたのかというものですが、とりあえず朗報ですね。



■Rogue Companyとは?
Hi-Rez Studiosが制作した5-v-5オンラインシューティングゲームで、フレンドと対戦したり、チームオンライン対戦などが可能なゲームであり、AIモードとのバトルも存在しており、又マップについては、映像から読み取れることとして、停泊している軍艦や、港湾地帯など、その周辺の建物や、コンテナが配置されたエリアなど、様々なミッションバトルが可能になっており、ニンテンドースイッチ版は、PS版やXBOX版、PC版とのクロスプレイをサポートすると公言されています。

■Hi-Rez Studiosとは?
Hi-Rez Studiosは北米のジョージア州アルファレッタに拠点を置く独立系デベロッパーの1つで、2005年にErez GorenとTodd Harrisによって設立された会社で、この会社のゲームとしての代表作は分隊ベースのシューティングゲームGlobal Agenda、高く評価されているTribes:Ascend、サードパーソンMOBA Smite、カードゲームHand of the Gods:Smite Tactics、ヒーローシューティングゲームPaladinsが含まれます。従業員は450名と大所帯であり、大手と呼べるだけの人員を抱えており、2012年、Hi-Rez Studiosは、Game Developer MagazineとGamasutraにより、ビデオゲーム開発者のトップ30に選ばれました。

■ムービーから読み取れること
オリジナルIPだけあって、ユニークな登場をしていて、翼のある滑空をした後、バトル開始となっていて、スタイリッシュさも感じさせるゲームプレイを見ることができます。泥臭い、生々しいシューターではない、割とカジュアルっぽさを残しつつ新しさを取り入れているゲームに感じます。白煙弾を投げつけたりしていて、アイテムも多彩にあるようで、又フォトリアルなグラフィック寄りのゲームではないため、ニンテンドースイッチとの相性も良さそうで、どれだけの人が興味を持つかといえそうです。


ニンテンドースイッチに又新しいシューターが登場!果たして受け入れられるかどうか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment