ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチ版『Ghostbusters Remastered』ゲームプレイムービーが公開!



ニンテンドースイッチ版『Ghostbusters Remastered』ゲームプレイムービーが公開!リマスター版と銘打っているだけあって、どれ位のクオリティに仕上がっているかというところが注目点となりそうですね。




■Ghostbusters Remasteredとは?
デベロッパーSaber Interactiveは、『Ghostbusters: The Video Game Remastered』を海外PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC(Epic Gamesストア)向けに2019年末に発売することを発表した作品で、この度『World War Z』を手掛けたSaber Interactiveが開発を担当していることが明らかになりました。トレイラーでは、高解像度化されたゲーム映像がお披露目され、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、アーニー・ハドソンがそれぞれ演じたキャラクターの姿を見ることができます。ゲームストーリーはゴーストバスターズ2のその後を描いており、アップグレードされたInfernal Engineは、映画さながらのプロトンビームを再現するほか、VELOCITY物理エンジンによりさまざまな物体が破壊可能です。

■Saber Interactiveとは?
Sabre Interactive Incorporatedは、ニュージャージー州メープルウッドを本拠地とするアメリカのビデオゲームデベロッパーで、サンクトペテルブルク、マドリード、ミンスク、スンズヴァルにオフィスを構えています。 2001年にアンドレイ・イオネス、マシュー・カーチ、アントン・クルプキンによって設立されました。Sabreは、TimeShift(2007)で導入されたSaber3Dエンジンという独自のゲームエンジンを開発して使用しています。従業員は450人と大所帯になっており、代表作はWorld War Zであり、ニンテンドースイッチ版『The Witcher 3: Complete Edition』や『NBA 2K Playgrounds 2』なども手掛けており、本作も移植の担当に白羽の矢が立ったのもわかります。

■ムービーから読み取れること
映画の主人公たちをリアルにえがいた風貌はPS3世代のクオリティになっていて、リマスターといわれるだけあって、その辺はスイッチ版でも違和感のない作りになっています。ゴーストの捕獲シーンなど、映画さながらのアクションが楽しめる作品になっており、この影響はルイージマンションにインスパイアされているため、知らない人がいないほど有名で、逆にリアルなルイージマンションといった感じに見えます。発売されたのもルイージマンションが2001年ですから、そのあと2009年に本作が出ているので、そういう意味でも後発だったりします。それでもゲームのクオリティは問題なく移植されており、スイッチ版も堪能できる1本に仕上がっていそうです。


映画を知っていても知らなくてもスイッチ版は遊べそうですね!

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment