ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチでついに正式発表!UBIソフト『Assassin's Creed: The Rebel Collection』アナウンストレーラーが公開!



ニンテンドースイッチでついに正式発表!UBIソフト『Assassin's Creed: The Rebel Collection』アナウンストレーラーが公開!日本でのニンテンドーダイレクトでは発表されなかった1本なので、発売されるかどうかは不透明ですね。



■噂が先行していた作品
正式発表の1日前に自分のブログでも取り上げていて、海外でリストアップされていたというものであって、それが本当なのかどうかという話で、UBIはリマスタータイトルを連発しているメーカーではないので、信ぴょう性が今一つという結論だったんですが、今回は当たっていたということであって、こうしたリークもあたることも意外と多いので侮れません。掲載はしなかったんですが♯FEの移植の話も当たっていて、今回はかなりの高確率でのリーク情報が当たっていたことを意味します。こうした情報がどこから漏れ広がるのかというのが改めて問われそうです。

■アサシンクリードローグとは?
1750年代の北アメリカ大陸。若きアサシン、シェイ・パトリック・コーマックはアサシン教団の一員としてアメリカ植民地で自由の為に戦いながら、先駆者の遺跡の情報を集めていた。だが、テンプル騎士団との戦いにおいて、大義のために弱者を仕留めねばならないことに疑問を抱いていた。ある時、先駆者の遺産「エデンのかけら」が保管されている遺跡がリスボンにあることが判明し、シェイは回収の任務に当たる。しかし、シェイが「かけら」に触れたことで破滅的な災害が引き起こされてしまう。その危険性を目の当たりにしたシェイは、これ以上「かけら」に干渉すべきでないと主張するが、アサシン教団の仲間達からは一蹴される。教団による新たな「かけら」の捜索を阻止すべく強硬手段に出たシェイは裏切り者として追われ、銃弾を受けて大西洋に沈んだ。だが、シェイはかろうじて死の淵から生還した。アサシン教団の目的を阻止するため、テンプル騎士団と手を組んだシェイは、裏切り者の「アサシンハンター」としてかつての兄弟達に刃を向ける。

■2本が1本になったパッケージングタイトル
Assassin's Creed: The Rebel CollectionはAssassin’s Creed IV: Black FlagとAssassin’s Creed Rogueがセットになったコレクションタイトルであって、アサシンクリードローグはUBIソフトソフィアスタジオ、Assassin’s Creed IV: Black FlagはUBIソフトモントリオールが手掛けて、どちらもUBIの子会社が作っており、今も続く人気タイトルのリマスター版といえるものでしょう。特にAssassin’s Creed IV: Black FlagはwiiUにも移植されていたので、可能性は高かったのも事実で、コレクションになるのは想定外でしたが、UBIソフトも一度任天堂プラットフォームに出した作品をそのままスイッチで出すだけでは物足りないと感じたのかもしれません。本作は今日配信されたニンテンドーダイレクトでは報じられず、日本での発売も不透明です。


噂が今回は高確率で当たっていたのはびっくりですね!

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment