ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチで配信がスタートした『スーパーカービィハンターズ』実況プレイムービーが公開!



ニンテンドースイッチで配信がスタートした『スーパーカービィハンターズ』実況プレイムービーが公開!これはやったもの勝ちという感じになっており、いち早くやった人が多くのアクセス数を稼げるものに繋がりそうですね。



■スーパーカービーハンターズとは?
9月5日から基本プレイ無料で配信がスタートしたニンテンドースイッチ作品で、いわゆるF2Pゲームであり、クエストは100種類以上存在して、タイプの異なる4つのジョブ『ヒーローソード』『ヘビィハンマー」『ヒールドクター』『マジックビーム』を操り、武器や防具を強いものを手に入れて、バトルを楽しむアクションゲームになっていて、大画面でおっそわけプレイ、周りのみんなとローカルプレイ、遠くの友達や世界中のプレイヤーとオンライン対戦と充実しており、1人で楽しむときは1人専用モードも備わっています。

■ムービーから読み取れること
最初にストーリーが紹介されていて、それに沿ってゲームが進行していくことになります。その後チュートリアルに移り、どんな操作をすればカービィーを思い通りに動かせるのかというコントロール説明がなされ、ストーリーモードはクエスト制になっており、エリアを選択、その後、戦う相手が示されてバトルがスタートする流れです。ゲームは爽快感があって、小気味いいアクションが楽しめるように仕上がっていて、スマホゲーとは違う爽快感も感じ取れるもので、さすがは据え置き機ゲームといえそうです。その後レベルが2にアップして、続きのシナリオも進行していく流れになっています。

■F2Pゲームならではの部分は?
基本プレイ無料ですから、アイテム課金などがないと商売として本作が成り立ちません。そういった部分は今回は見られなかったんですが、その辺はゲームを進行していくにつれてわかってくるであろうというものであり、スマホゲーとは違う据え置き機でこのような展開を試みた任天堂の試金石ともなる1作といえそうです。フルプライスゲーだけではない、こうした取り組みをすることで、コンソールゲーム機のビジネス展開を更に広げる狙いもありそうで、F2PゲームはDLさえしてしまえば気軽にスタートできる点が最大のメリットですが、同時に課金しないと本来の楽しさが伝わらないというデメリットも併せ持っているので、その辺が気になるところです。


任天堂もいろいろと模索している中でのF2Pの在り方の1本を提案したものですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment