ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

【噂】UBIソフトがニンテンドースイッチ向けに『ASSASSIN’S CREED 4: BLACK FLAG & ROGUE REMASTERED』をリリースか?



UBIソフトがニンテンドースイッチ向けに『ASSASSIN’S CREED 4: BLACK FLAG & ROGUE REMASTERED』をリリースか?海外の小売リストに載ったとしており、明日ニンテンドーダイレクトがあるのでそこで判明するか?


海外の小売リストにて、ニンテンドースイッチ版『ASASSIN’S CREED 4: BLACK FLAG & ROGUE REMASTERED」がリストアップされたことが紹介されていて、これは以前2013年にPS3、XBOX360、wiiUで1度出した経緯があるため、昨今のリマスタータイトル市場の賑わいを考えるとありえない話ではなく、明日のニンテンドーダイレクトで判明するかといえそうです。


関連リンク


■ASSASSIN’S CREED 4: BLACK FLAG & ROGUEとは?
ユービーアイソフトのステルスゲームシリーズ『アサシンクリード』の一作。ナンバリングタイトルとしては4作目だが、アサシン クリードシリーズにおいて現実編はすべてつながっている。そのために、ナンバリング作品とそうでない据え置き機タイトルを分けて考えることが現状適さないため、6作目の作品と捉えられている。今作の舞台である現実は2013年10月29日から5週に渡る期間のモントリオールにあるアブスターゴエンターテイメント社内、アニムスの中では18世紀初頭~前期、海賊黄金時代末期のカリブ海を舞台に、『III』の主人公コナーの祖父、ヘイザムの父にあたるエドワード・ケンウェイの半生を描く。また、実在したカリブの海賊が多数登場する。

■ニンテンドースイッチ版の可能性は?
信ぴょう性という意味ではまったくの未知数であり、又今スイッチで復活させるべきタイトルなのかという疑問もあるのも事実なので、その辺のUBIの思惑が一致していれば出すことも考えられそうです。今回スイッチ版だけが見つかったとしているので、どこか外注に出して、パニックボタンのような会社が移植を担当、そして発売へという流れの道筋は考えられますが、果たしてそれが本作に白羽の矢がたったのかどうかというのはまったくわかりません。売り上げ的に見ても、6年前のゲームを今出すのは、なんらかの伏線がなければセールス的にも厳しいことが予想されます。

■リマスタータイトルの採算ラインは?
カプコンなどが乱発しているリマスタータイトルは、採算ラインが低いことが指摘されていますが、しかし、作り直す工程が増えるとそれだけコストがかさむので、その辺の折り合いがつくかどうかになりそうです。UBIはニンテンドースイッチに対して、あまり積極的な動きは見せておらず、マリオ&ラビッツを出した後は2が出るかという噂もありましたが、3年の月日が流れてもその話には進展がないので、作られていないんでしょうね。そういう意味でもUBIがリマスターを乱発している姿勢が今のところスイッチに対して皆無なので、この噂は明日のニンテンドーダイレクトで判明するかといえそうです。


6年前のタイトルをスイッチで何の脈略もなくだすかなぁ・・・

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment