ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

コナミが据え置き機向けにグローバルな作品を作ると指摘、いつ頃発表か?


コナミが据え置き機向けにグローバルな作品を作ると指摘していて、いったいどんなタイトルを指しているのかというものであって、その辺はTGSで明かされるのか、それ以降になるのかというタイミングでの発表ですね。


今年コナミが設立されて50周年の中、コナミヨーロッパCEOが語るところによると、コンソールビジネスにおいて、最も重要であることには変わりがないとした上で、PESや遊戯王に加え、近い将来、他の世界的に知られているIPプロジェクトに取り組む予定だとしており、何を作っているかは言及せず、可能性を示唆させています。


関連リンク



■コナミ設立50周年
1969年3月21日に大阪府豊中市で創業して1973年3月19日に法人化された。ジュークボックスのレンタルと修理業を経てアーケードゲーム事業に参入。アーケードゲームのほかにMSX、ファミリーコンピュータ、プレイステーションなどのパソコン・家庭用テレビゲーム機でジャンルを問わない多くの人気ゲーム作品を発表し、現在では関連子会社を通じてテレビゲームに留まらず、ソーシャルゲーム進出やカードゲームなどの玩具の製作・発売、スポーツクラブの運営も手掛けるなど、多角的に事業を展開している。 1980年代、アーケードゲームから家庭用コンピューターゲームへ参入した老舗ゲームメーカーの中で、現在も独立を保っている数少ない存在である。

■グローバルなIPとは?
コナミといえば、ウイイレ、メタルギアなどが昨今ゲーム化されて継続していますが、メタルギアは実質失敗に終った中、次があるのかといえそうで、ウイイレは継続的に出ているので、今回の発表という点から除外され、それ以外で何があるかといえそうです。悪魔城ドラキュラがあとは3Dアクションゲーとして一定の成果を収めていますが、音信不通になっており、復活するかは不透明です。グローバルIPというのがコナミの場合、自らソフトを辞めていったので、その中で何が出るのかというのが全くわからないのが実情です。

■ハドソンタイトルもあるか?
ハドソンタイトルといえば、ボンバーマン、桃鉄、天外魔境、その他といえそうで、グローバルとはいいがたい作品が多いです。かといってコナミも今になってグローバルな作品というのははっきりいって思い当たりません。後はサイレントヒル位でしょうか。wiiやPS3などでも過去には展開した経緯がありますが、ヒットせずにフェードアウトした歴史があります。スマホ>コンシューマービジネスでもある同社がどんなブランドを展開するかはわかりかねます。コナミは日本で通用したタイトルは数多くありますが、世界で通用したとなるとかなりピンポイントな作品しかないので、その辺が発言したのがコナミヨーロッパの社長というのが気になる存在です。


コナミのグローバルなIP・・・まったくわかりません。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment