ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2020年発売PS4&XBOXOne『ドラゴンボールZカカロット』ゲームイベントシーンが紹介されたムービーが公開!



2020年発売PS4&XBOXOne『ドラゴンボールZカカロット』ゲームイベントシーンが紹介されたムービーが公開!本当にアニメを見ているような感覚で入り込むことができる位のクオリティになっており、ドラゴンボールファンは必見ですね。




■まるで劇場版アニメを見ているような錯覚
とにかく作りこみが半端ない再現度になっていて、オリジナルのドラゴンボールのアニメを見ているかのような感覚に陥る位作りこまれたイベントシーンは必見です。それだけに、本作がRPGとなったことで、どのような変化が生まれているかというのがまだ全貌が明らかになっていないだけに、東京ゲームショー辺りでその辺が触れられるものになるかといえそうです。ステージイベントもありそうですし、バンダイナムコとしても大いにアピールする場であって、チャンスなのでこの機会を逃さないでしょう。

■ドラゴンボールZカカロットとは?
「ドラゴンボールZ KAKAROT」は、「ドラゴンボールZ」の世界を舞台に、「孫悟空(カカロット)」を体験することができる「悟空体験アクションRPG」です。本作ならではの美麗アニメグラフィックで表現される「ドラゴンボールZ」の物語は、従来のドラゴンボールゲームでは描き切れなかった原作アニメの細かいシーンや語られなかったシーンも再現されており、今までにない感動をお楽しみ頂けます。凶悪な敵からの攻撃を受けながらも、仲間を守るために敵に立ち向かう「孫悟空」が体験してきた「死闘」を描いております。敵から放たれる無数の気弾、大地が崩壊するほどの猛攻など、今までのドラゴンボールゲームにはないダイナミックな迫力を体験することが可能です。

■サイバーコネクトツー渾身の1作
開発を担当しているのはサイバーコネクトツーで、1996年に設立されたメーカーで、松山氏が社長を率いていて、NARUTOを手掛けたことが転機に繋がり、その後一貫してシリーズ化されていったもので、その間オリジナル作品なども手掛けたものの不発に終わり、又ジョジョの奇妙な冒険でも失敗と当たりはずれが大きい会社で有名で、その中でも本作は渾身の1作となっているようです。作りこみにも妥協がない、ある意味この会社の代表作になりかねないクオリティを期待させるだけに、今後更なる発展のために頑張ってほしいところです。


NARUTOを超える作品になれるかという意味ではアクションRPGという意欲作が成功するか?

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment