ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

【噂】PS4でリリース予定の『ラストオブアスパート2』では、ノーティードッグのゲームエンジンが更に進化、次世代機仕様になっているらしい



PS4でリリース予定の『ラストオブアスパート2』では、ノーティードッグのゲームエンジンが更に進化、次世代機仕様になっているとした噂が掲載されていて、その描写は驚くほどに仕上がっているそうで、その辺をチェックですね。


PS4で来年2月に出るのではないかと噂されている『ラストオブアスパート2』に関して、フェイスポリゴンが『Uncharted:The Lost Legacy』の4倍の複雑さに達していると伝えられていて、それはソニーの次世代記仕様であり、シネマティックからゲームプレイの移行が感じられず、実際のゲームプレイシーンもカットシーンに匹敵するとしており、又リークした人物は、PS5にも出ると指摘していて、本当かどうかはまだ不透明です。


関連リンク


■1から一転、ショッキングな映像が話題
主人公エリーにとっての安息の地“ジャクソン”に暴力的なできごとが起こって、彼女は復讐の旅に出るとの言及があり、これはセラファイトが“ジャクソン”を襲ったということなのだろう。映像ではエリーの無慈悲な様子も描かれるが、これは彼女の正義のための復讐心が相当なものであると同時に、その要因を作ったセラファイトの行為もかなり非道だったことが想像できる。そうした背景もあり、ときには顔をしかめたくなる暴力表現もできる限りリアルに表現することが必要だと考えているのだという。

■この衝撃作はどのように受け入れられるか?
とにかくE32018で公に発表され他ムービーから1年半がたった中、開発の最終局面になっているようで、その間最新情報は一切なく、あのショッキングなムービーからの冷却期間を置いた感があり、完全に大人向けゲーとしての在り方をアピールする1本であって、ソニーのプラットフォームだからこそ実現した問題作といえそうです。開発しているノーティードッグもその辺は十分承知しているようで、賛否が分かれる中、それら声にも耳を傾けており、2という名の別ゲーという印象さえあり、次のムービー公開がいつになるのか注目されそうです。

■技術的にもPS4の限界を追求
発表されているムービーを見ても、今までにない繊細なグラフィックを表現可能になっており、PS4の持っているポテンシャルをフルに生かした作品といえそうで、PS4の最終局面にきている今、そのクオリティを十分堪能できる1本になりそうです。PS4時代に入って、XBOXOneとのマルチ作品が多い中で、独占ゲーでこれだけのグラフィックを作り上げたメーカーはそうないので、又数年間に及ぶ長い開発期間が莫大な開発費を計上しているでしょうから、この大型AAAゲーがどこまで大ヒットして、噂通りならば、PS5にも出るということなので、その違いにも期待したいところです。


任天堂、マイクロソフトではまず出ないゲームのタイプですね。それだけに新情報に期待が集まりそう。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment