ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

本日発売!ニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』のmetacriticが公開!



本日発売!ニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』のmetacriticが公開!果たしてスコアは何点だったのかといえそうで、海外での評価は概ね高いですが、その点数の内訳などもチェックしておきたいところですね。




関連リンク

■海外でも高評価連発!
本日発売になったニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』はプラチナゲームズが開発を担当したアクションゲームで、そのmetacriticスコアが87と非常に高い数字になっており、ユーザーレビューはまだ投稿されておらず、こちらも気になるところです。内訳をみると、100、90、90、85、80、65となっており、唯一65点をつけたMilleniumでは、アストラルチェインを『小さな失望』と指摘していて、田浦氏が目指したバトル、メカニックは高い評価を得るのはそのオリジナリティにもあるが、ミッションがやや難があり、技術的な問題も発生していると語り、その点が不満点として挙げられているようです。

■ニーアの再現なるか?
PS4で当時独占としてスクウェア・エニックスからリリースされた同じプラチナゲームズのニーアは大ヒットを記録したのは記憶に新しいですが、それに次ぐプラチナアクションゲーになるかという意味では大いに期待が持たれるところです。今回もオリジナルアクションゲーということで、レギオンを操り、2体同時でのバトルアクションという斬新なゲーム性を追求した1作はプラチナファンはもちろん、任天堂ゲーマーにもぜひやってほしい1本であって、これだけ評価が高いとなると海外のコアゲーマーからも一定度の注目は集めそうで、その点は任天堂がしっかりと販売元としてPRしてほしいところです。

■成功したら続編もある?
ニーアも続編の噂がありますが、プラチナゲームズのゲームは続編が出るタイトルが少なく、アストラルチェインも成功した場合、続編が出るのか期待されますが、田浦氏の意向とスーパーバイザーの神谷氏の考えがどのようなものなのかはわかりかねるところで、傑作アクションに仕上がっているのは間違いなさそうなので、プレイした人はもちろん、そうでない人まで、このIPを大切に育てたいという意思が強くなりそうです。任天堂とプラチナゲームズの関係はとても良好なので、今後も継続してこのような作品が生まれることを願いつつ、世界的なヒットを願いたいところです。


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

まりも  

やはりプラチナは安定感ありますね。
海外で特に売れそうな気がします。

内容とは別に気になるのはソフトの定価が税込み8618円というところ。
この先の予定を見ても、デモンエクスマキナやドラクエなど8500円前後のソフトが今後ちょこちょこ出てくるようで。
1000円でも積み重なると大きくなるので、少し気がかりです…

2019/08/31 (Sat) 15:11 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。価格が任天堂の開発ではないと、値段が上がっているんですよね。
それがちょっと気になるのは間違いないところであって、PS4では
もっとしますし、ゲームの値段も高騰していますね。
プラチナゲームズのゲームはクオリティが高いので安心感がありますよね。
どれだけのヒットをするか楽しみですね。

2019/08/31 (Sat) 15:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment