ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチ版『The Sinking City』ゲームプレイムービーが公開!



ニンテンドースイッチ版『The Sinking City』ゲームプレイムービーが公開!改善された要素やその他変更点があるようで、発売が移植版だけあって、その辺は修正をしてきた作品になっているようですね。



■ニンテンドースイッチ版の出来は?
ニンテンドースイッチ版『The Sinking City』は移植版としての改善をしていて、 リコイルやオーディオの調整、新たな銃声とビジュアルエフェクトの追加、ジャイロスコープやタッチスクリーン機能、30フレームを実現するための最適化をしているとのことで、ゲームとしてはある意味完全版という立場になりそうです。ゲームそのものはモンスターなども出るTPSサバイバルホラーアクションゲームという部類であって、バイオハザードに影響を受けているような作りになっていますが、ゲームの設定はSFではない、1920年代です。

■The Sinking Cityのプロローグ
『The Sinking City』 は、恐怖小説の大家H・P・ラヴクロフトの世界観にヒントを得たオープンワールドな世界で冒険と捜査を楽しむゲームです。洪水によって水浸しになった街、オークモントは超自然的な力に支配されています。プレイヤーは私立探偵となって街と… そして、住民の心に憑りついたあるものの秘密を暴かなければなりません。

■ニンテンドースイッチ版の開発を担当しているのは?
ニンテンドースイッチ版の開発を担当しているのはウクライナに拠点を持つ会社『Frogwares』であり、マルチプラットフォームで開発を続けてきた実績がある2000年に設立した会社で、従業員数は80名と今にしては小規模な部類に入り、代表作はシャーロックホームズのゲーム化が有名で、それが数多くシリーズ化してきた歴史があります。特にPCでの開発計経験が豊富で、それらのノウハウを生かした作りには定評があるようです。今回初めてニンテンドースイッチ作品を出すことになったものの、しっかりとした作りになっていることが伺えて、技術力があることを裏付けているようです。


小規模デベロッパーですが卓越した技術力があるようですね!

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

4 Comments

ゲーム情報さん  

ジャイロは大きいなあ、バイオ4も初プレイならいいけどWii版知ってるとあれじゃ本来の魅力がゼロに等しいです
まあ問題はこっちで出るゲーム少なすぎだろと思わず言いたくなることが最大の敵のような感もあります
自分がこちらで紹介して頂いたソフトのうち多くはインディですが出て欲しいと思ったものはまずほとんどないのが泣けてきます

2019/08/30 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

バイオもスイッチにそろいますけど、4はジャイロが今一つのようですね。
この作品もインディー系に属するのかもしれないですがニンテンドースイッチ
ならではという特徴は一応再調整しているという点があったので
掲載してみたんですけど、今一つですか・・・

2019/08/30 (Fri) 21:32 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

すみません言葉足らずでしたね
とても期待できる情報いつもありがとうございます
自分がツライのはローカライズされるゲームが少なくて悲しいということです

2019/08/30 (Fri) 21:37 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

ああ、そうでしたかー。ローカライズはなかなかされないケースが
多いですよね。その辺は日本市場の魅力が乏しいと感じる
メーカーが多いのかもしれませんね。

2019/08/30 (Fri) 22:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment