ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ゲーム実況を初めてわかる難しさ』というyaboo!記事。



ゲーム実況を初めてわかる難しさというyaboo!記事が掲載されていて、やっぱり生易しいことではないらしく、それ相応のスキルとノウハウ、そして向いている人と向いていない人もいると思いますし、その辺でしょうね。



ゲーム実況に挑戦するもすぐ挫折… 30代会社員が痛感した「成功者との違い」

 YouTube上で動画を配信するユーチューバーが、小学生の「なりたい仕事」1位に定着して久しい。実際、YouTubeの広告収入で、年間数億円の金額を稼ぐ動画実況者もいる。そうした動画配信市場の中でも一大市場となりつつあるのが、ゲーム実況動画の分野だ。

 一昨年には、任天堂がHIKAKINやはじめしゃちょーなどの有名ユーチューバーを抱えるマネジメント会社・UUUMとゲーム配信に関する包括契約を締結。ビデオゲームをスポーツ競技の一種として捉える「eSports」の普及も、ゲーム実況を後押しする材料となっている。

 だが、ゲーム実況で有名な配信者になることを目指すも、挫折する人は少なくない。大手メーカーに勤務する30代の会社員・Aさんもその一人だ。

 YouTubeやニコニコ動画でゲーム実況を観ることが趣味だったAさんは、同じ趣味を持つ会社の同僚と意気投合。仕事のない土日を中心に、動画の制作と配信を行うことにした。

「自分も頑張れば、人気配信者になれるだろうという過信がありました。まずは再生1000回を目標に設定。広告収入も、最初は1回の飲み会代くらいになればいいなという気持ちで始めました」(Aさん)

 動画実況には、制作用の機材が必要になる。Aさんたちも、マイクやイヤフォン、パソコン、編集用のソフトウェアなど計15万円分を用意した。

 YouTubeで配信する際は、人気ゲームのほか、差別化をはかるため、あまりメジャーではない作品にも挑戦した。

 動画1本を制作するためにかかる時間は、6時間ほど。企画の打ち合わせ、実際のゲームプレイ、動画編集や字幕をつけるなどの編集作業などで、Aさん曰く「想定以上に体力を消耗し、根気のいる作業だった」という。

 そしてその結果は、理想とは程遠かった。

「動画を5本配信したのですが、再生回数は良くて50回ほど。全部合わせてもたったの200回ほどで、知り合いしか見てくれなかったようです。YouTubeでは、1再生回につき広告収入が0.04円ほどもらえる仕組み。私たちがもらえた動画報酬はたったの8円でした。しかも売上金額は8000円を超えないと引き出せないため、8円といえど受け取ることも出来ません。かかる労力が大きい割に、今後成功できるイメージが沸かなかったので、撤退を決意しました」

 その後Aさんは、成功している動画実況者と自身との違いについて考えるようになった。

「成功している実況者は、キャラクター設定や動画の世界観などの作り込みが巧み。大声でリアクションし、ハキハキとしゃべり続けるなど、サービス精神も旺盛です。また、たとえ配信動画の1本が注目されたとしても、一夜にしてスターになることは出来ない世界。結局、楽しみながら継続できる人が残るんだと痛感しています」

 ゲーム実況の制作者として、成功するためには抜きん出るための“戦略”と、続けるための“継続力”が欠かせないようだ。


関連リンク


やっぱりユーチューバーに簡単になるのは難しい・・・ヒカキンの偉大さがわかりますね!

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment