ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4&XBOXOneでリリースされる最新作『Need for Speed Heat』はオンラインプレイのほうが都合がいい訳とは?



PS4&XBOXOneでリリースされる最新作『Need for Speed Heat』はオンラインプレイのほうが都合がいい場合があるとしていて、それは何を意味しているかといえそうで、その辺は開発元の見解を聞いてみたいですね。



PS4&XBOXOneでリリースされるシリーズ最新作『Need for Speed Heat』はオフラインプレイも可能な中、開発にあたっているGhost Gamesがオンラインプレイについて触れていて、プレイヤーが望むならば、オフラインも可能だが、オンライン独自の利点もあり、ゲームはオープンワールドでプレイされるため、そこにはほかのプレイヤーと一緒のフィールドにいるので、もし警察がおってきたら、追い払うことが可能になり、場合によっては他のプレイヤーに警察が導き追いかけはいじめることもあるとしており、警察を巻くことができるそうです。


関連リンク


■Need for Speed Heatとは?
11月8日にPS4とXBOXOneでリリースされるシリーズ最新作『Need for Speed Heat』は、プレイヤーが探索できるオープンワールドゲームになっていて、警察が常に目を光らせている中で繰り広げられるレースゲーであり、警察は、昼より夜のほうが目を光らせていて、又自身の車のメンテナンスもガレージに戻り修理する必要があって、イベントやレースを終了すると、クレジットがもらえ、クレジットは車のアップグレードやカスタマイズに使用されて、今回のゲームでは、主な焦点といえるものであって、ルートBOXは無いとしています。

■開発元のGhost Gamesとは?
2011年にイギリス、ルーマニアに誕生したデベロッパーで、主にニードフォースピードを作り続けている会社であり、従業員数は85名と今の時代では少数精鋭で、母体はEAで、そこから独立した形になっていて、従業員の多くはForza Horizo​​n、Need for Speed:The Run、Project Gotham Racing、Race Proなどを手掛けたスタッフによって構成されており、レースゲーム専門メーカーと呼ぶにふさわしいデベロッパーといえそうです。2014年に1度レイオフを経験、その後再スタートを切り、今に至ります。

■最新作の期待はどうなのか?
ニードフォースピードは一度新作がストップしたことがあり、そこで軌道修正をした経緯があり、UKスタジオのレイオフに伴い再出発を遂げ、又ゲームもオープンワールド化を果たし、時代と共に進化していて、公道レースゲーとしての第一人者であることには変わりがなく、他の有名IPレースゲーがストップする中で、ニードフォースピードは毎年ほぼ出続けており、支持者が多いことが裏付けられます。それだけに、最新作も大きな注目を浴びていて、その期待に応えるクオリティに仕上がっているのを期待させるムービーなのは間違いないでしょう。


ニードフォースピードの人気は安定しているね。ファンが求めるものを作り続けていますね。

 [ゲーム]PS4&XBOXOne関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

モンハンのオトモアイルーの原理ですね。
戦果うんぬんよりも敵の注意が逸れることによる余裕ができるという。

2019/08/25 (Sun) 07:42 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そのようですね。オンラインプレイでのメリットとして挙げられていて
そういう人との交わりで生じる出来事のようで、オープンワールド
らしさも感じさせるものですね。

2019/08/25 (Sun) 12:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment