ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4&ニンテンドースイッチ『二ノ国白き聖灰の女王』プロモーションムービー第1弾が公開!



PS4&ニンテンドースイッチ『二ノ国白き聖灰の女王』プロモーションムービー第1弾が公開!アニメーションをスタジオジブリ、音楽を久石譲氏が手掛けるまさに王道ファンタジーRPGでしたが、海外で特に人気になった作品ですね。




■二ノ国白き聖灰の女王とは?
2011年11月17日に発売されたPS3専用ソフトで、スタジオジブリのアニメーションを実際にリアルタイムに動かすことを念頭において開発がされた経緯があり、音楽も久石譲氏でまさにジブリファミリーといった感じで作られた作品です。企画、シナリオ、総監督を日野氏が手掛けて、社運を賭けるような作品でしたが、日本では17万本程度にとどまり、海外でも110万本と期待していたほど売れたとはいいがたい結果になってしまいます。しかしその後日野氏はPS4専用で続編を出しており、このIPに対する意気込みの強さを感じさせます。

■ニンテンドースイッチ&PS4版の特徴は?
テクスチャーを強化して、質感、陰影がより美しく仕上がっていて、又PS4PROでは4k対応、スイッチ版も720pで動作して、全ダウンロードコンテンツ収録、よりやさしいプレイが可能なイージーモード搭載、小さなお子様でも楽しめるように配慮されています。また価格も税込み5940円とリーズナブルになっているので、体験する機会としては申し分ないものでしょう。又豪華声優陣が名前を連ねており、本作の力の入れようがわかるものとなっています。

■日野氏渾身の1作、出来はどうだったのか?
蒼々たる海外レビューサイトにおいて、概ね90点以上の高い評価を得ており、海外での評判は抜群でした。それだけコマンド式だったJRPGが海外で受け入れられたというのは異例で、続編のPS4版がリアルタイムアクションに変化しているだけに、本作はオーソドックスなRPGとジブリ映画が好きな海外ファンに好まれたゲームだったといえるでしょう。しかし、日本では評価が高かったものの、ジブリ層とPS4コアゲーマー層がマッチせず、仮に任天堂層なら支持が出たかもしれなかったので、今回のリマスターによって、どれだけヒットするか、その見極めができるものになりそうです。


PS3では余り売れなかったねぇ。ニンテンドースイッチ版でリベンジなるか?

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment