ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

9月27日発売のニンテンドースイッチ『ドラゴンクエスト11S』ドック時のフレームレートテストムービーが公開!



9月27日発売のニンテンドースイッチ『ドラゴンクエスト11S』ドック時のフレームレートテストムービーが公開!一体どれ位で動いているのかというものであって、その辺は大いに気になるところではありますよね。



■PS4と性能差を感じさせないスイッチの移植
PS4からの移植版となる本作はPS4とは大幅にスペックが違うため、その性能差を補う必要がありますが、元々PS4とスイッチ版は同時発売を目指していたため、チューニングが行われていた可能性が高く、実質マルチタイトルだったのかもしれません。それにしても、フレームレートでは固定30フレームを維持しており、ドック時とはいえ、その点はよく作られていると思います。品質はドラクエにとっては命なので、そこを妥協すること無く発売を迎えそうです。

■草の描写に簡略化がみられるが・・・
しかし、絶対的な処理力が足りないスイッチではPS4では草に花が咲いていたのが全面に広がっていましたが、スイッチ版は遅れて出てくるようになっており、全面に出すことはできないものになっていて、さすがにそういう細かい点で差を感じます。逆をいえば、それ位しか違いがないことを意味しており、ほぼ差の感じないものに仕上がっているようです。その辺は体験版をプレイして感じることができるものになっているでしょう。

■国民的ハードが3機種も
元々ドラゴンクエストは国民的ハードにしか供給しないというポリシーが長年あり、ファミコンからスーファミ、一度セガサターンに制作を決定するも頓挫して、PS1に鞍替えをしてまで、そのポリシーを曲げなかった中、PS4と3DS、そしてニンテンドースイッチと3機種にまたがり今回は発売されるに至ります。PS4が820万台、スイッチが870万台と、ほぼ互角な数字のため、これでは据え置き機を同時展開する意味も分かります。しかし、3DSやDSで見られた携帯機での展開はニンテンドースイッチで集約されてしまった今、今後はありえそうもないので、PSVITAも終了してしまった今、次回作も据え置き機になるのは確実で、最新作のプロジェクトも始動していることなので、どこで出すのか興味深いところです。


紆余曲折あったけど、やっとスイッチ版が日の目を見れるね!どれ位ヒットするか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

ヒーローズ12のときの体験版はセルフネガキャンと呼ばれるほど酷いもので散々悪用されましたが今回は製品版と同じものなんですかね

2019/08/22 (Thu) 19:33 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

これは海外で検証しているものなので、そして、アップロード
しているところがそういう意図がないと思われますね。
多分大丈夫だと思います。

2019/08/22 (Thu) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment