ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PC版『ウォッチドッグレギオン』にて、レイトレーシングが実装されるとして、そのクオリティを紹介!



PC版『ウォッチドッグレギオン』にて、レイトレーシングが実装されるとして、そのクオリティを紹介していて、今後PS5やプロジェクトスカーレットにも使われる技術なだけに、その期待値は高いものになっていそうですよね。



PC版『ウォッチドッグレギオン』にて、レイトレーシングが実装されるとして、そのクオリティを紹介していて、水たまり、車、建物など、よりリアルに反射が可能になっていて、(ムービーを参照)これによって全体的にはるかにリアルなロンドンが実現する中で、ゲームのスケールに感銘を受けたとしていて、あなたは基本的に誰にでもリクルートして、都市の抑圧から取り戻すために、DedSecに加わることができ、UBIは特にストーリーが大切であると指摘しています。


関連リンク


■レイトレーシングとは?
レイ トレーシング(ray tracing, 光線追跡法)は、主にコンピュータグラフィックスを描くために利用される手法の一つで、光線の伝播を物理法則に従ってシミュレートすることによって写真のような表現を得るものである。宝石を透かす光の屈折や金属鏡面への映り込みなどの再現に優れるが、一本一本の光線の追跡に多くの計算を必要とするため画像生成に時間がかかる欠点がある。光線の他、直線的に伝わる(回析などの影響が少ない)ものであれば任意の波に適用できる手法であり、たとえば光以外の波長の短い電磁波(電波)や音波など(地震波や超音波など)が挙げられる。「波線追跡法」「音線追跡法」などといった語もある。(wikiより)

■PS5やプロジェクトスカーレットで実現へ
よりリアルな光を生み出すレイトレーシングは、画質そのものを画期的なレベルにまで引き上げる効果があるとされていて、PS4やXBOXOneで見られていたグラフィックをワンランク上の世界へ引き上げることができる技法として注目されています。上にも書かれている通り、処理が重たく、計算に時間がかかるのが欠点だとされていて、次世代機のパワーがどれ位のパフォーマンスをもってして、そのクオリティを維持できるかというものになりそうで、4k60フレームが標準になるとフィルスペンサー氏が語っていて、実質的なグラフィックの基準になるようです。

■レイトレーシング実機プレイはいつ頃みられるか?
PS5、プロジェクトスカーレットともに2020年のホリデーに合わせて発売される予定なので、来年の早い時期にPSカンファレンスをやる噂が浮上していて、マイクロソフトも対抗するのではないかとされています。PS4の時も2月に公開して先行しただけに、PS5でも同じ再現となるかといえそうです。特にフィルスペンサー氏が最強のコンソールゲーム機であり、XBOXOneXチームが手掛けた自信作であるとアピールしていることから、XBOXOneでは最初にこけてしまったので、それを最後まで取り返せなかった中で、マイクロソフトの本気がどこまでPS5に通用するかでしょう。PS5はレイトレーシングを活用したゲームの実機映像を早々に見せるかどうかが注目です。


レイトレーシングで未来は変わるか?グラフィックの進化が注目されますね!

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment