ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『フィルスペンサー氏は、XBOXOneの発売当初のマーケティング戦略やハードの設計など、それらの戦略が間違いだったと認めている記事』が掲載中。



フィルスペンサー氏は、XBOXOneの発売当初のマーケティング戦略やハードの設計など、それらの戦略が間違いだったと認めている記事が掲載中。その頃はトップはドンマトリックス氏であり、トップが交代する事態になりましたね。



フィルスペンサー氏は2013年にXBOXOneが発表されたE3直前のイベントを思い出して、ゲームがハイライトされたものの、XBOXOneが押していたのはKinectを介したTV機能であり、マイクロソフトが目指したビジョンに対し、それは間違いだったと認め、ゲーマーを誤解させると社内からも反発があったとしており、リーダーシップにチームは失望して、ファンの気持ちも離れていっただろうとしています。


関連リンク



■ドンマトリックス氏が思い描いたKinect構想
元XBOXチームのボスだったドンマトリックス氏は、XBOX360の次世代機としてKinect構想を掲げ、よりリビング体験を豊かなものにしようと画策、直感的操作でTVやその他操作が可能になるとアピール、PS4との違いを宣言していました。しかし、そのために、ハードのコストが割かれて、PS4が妥協のないハードスペックの追求をしたのに対し、XBOXOneはGDDR4メモリ、帯領幅もPS4に劣る設計になってしまい、1080pで動作するゲームが少ない要因を作ってしまいます。

■ゲーマーの気持ちが離れていったKinect
そして値段は500ドルという価格になり、PS4の399ドルと水をあけられます。コスト面、スペック面、そして、Kinectでの過干渉が問題視とトリプル要因がXBOXにある種致命的ダメージを与え、PS4に支持が加速していきます。もちろんXBOXのやり方を支持していた人も多くいたものの、売り上げは落ち込み、ドンマトリックス氏はトップの座を追われます。それに代わってトップに立ったのが現XBOXボスのフィルスペンサー氏です。

■素早い決断、論理的な戦略、利益を追求
フィルスペンサー氏がまず真っ先にやったことはマイクロソフトがあれだけアピールしていたkinectからの脱却でした。まずはKinectを切り離したモデルをいち早くリリース、その後オプション扱いにして、最終的にはサービスを終わらせます。次に、落ち込んだコンシューマーハードビジネスとPC事業を統一、XBOXで統合します。オールインワンパッケージを掲げ、XBOXライブの会員数を増やし利益を追求、XBOX360から大幅にシェアを落としたものの、収益は安定しており、手腕を買われます。そして、ファーストタイトルを増やすため、現時点で15社のデベロッパーを買収、プロジェクトスカーレットに備えています。


XBOXOneの現状を作ったのはドンマトリックス氏だけど、フィルスペンサー氏の手腕で立て直したよね!XBOXOneは失敗だったと認めるのも潔い!

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

6 Comments

   

日本市場は散々なものです

2019/08/16 (Fri) 07:16 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。日本市場がどれ位プロジェクトスカーレットで
復活するかですね。それにかかっていますね。最後のチャンス
と思って頑張ってほしいです。

2019/08/16 (Fri) 15:36 | EDIT | REPLY |   

360  

日本は特殊中の特殊なマーケティング市場だから360でもうあきらめてやめてしまったんでしょうね。
でももう少しまともな経営できなかったのかと本気で思いますね。字幕ローカライズでもいいのに、ファーストのものを販売しないとか本当にありえないし、また販売しませんとかのアナウンスもなかったこともあったし。日本への投資の優先順位は世界で最下位だと思います。
でもTwitterのXboxJAPANの香原さんは応援してます..頑張って下さい

2019/08/16 (Fri) 20:37 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。XBOXOneになってやる気のなさが顕著ですからね・・・
存在感があるのはXBOXジャパンの香原さん位ですよね。
プロジェクトスカーレットでどういう動きを見せるかが
鍵になりますよね。XBOXOneの二の舞だけは避けたいですね・・・

2019/08/16 (Fri) 20:41 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

Xbox Oneのハード構成がGDDR5ではなくDDR3+eSRAMとなったのは、
コストというよりGDDR5メモリチップの大容量モデルの量産が不透明だったので
確実に8GB搭載できるDDR3にした、という事情のようです。

ゲーム機の筐体に積めるメモリチップ枚数には限りがあるため
一枚あたりの容量が少なければ8GB搭載するのは不可能なわけです。
しかしOneではマルチタスクのため8GBが必要で、そのためDDR3にせざるをえなかった

一方PS4では、たとえ4GBになってでも開発しやすいGDDR5オンリーにしよう、という方針で、
発表直前に倍の容量のメモリチップの量産が間に合ったため
晴れてGDDR5 8GBの搭載が実現した、という経緯です。

それでもXbox OneのコンセプトのせいでDDR3になった、というのに変わりはないのですが。

日本市場に関しては、『日本の出版社がアメリカでアメコミ誌を出す』ぐらいのレベルの
圧倒的アウェーだと思うので難しいでしょうね......

2019/08/18 (Sun) 15:54 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

なるほど、詳しいご指摘ありがとうございます。そうですね。PS4は
4GBでもいいと最初は踏んでいたという話は結構有名ですよね。
そして、XBOXOneの場合は8GBを優先させた形だったということですね。
日本市場は初代XBOXから攻めていますが、自分も持っていたんですが
ゲーマー以外に知名度が皆無だったんですよね。その辺が
改善されないと厳しいですね・・・

2019/08/18 (Sun) 16:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment